京町家(きょうまちや)(KyoMachiya)


 京町家(きょうまちや)は、一般に通りに面して隣家と接して立ち並ぶ職住一体型の住宅

 「町家造」と称され、ほとんどが木造で、畳のある部屋が主体となっている
 内部は、表から「通り庭」と称される土間が裏庭に続き、台所も通り庭に造られていた
 裏には、離れ座敷か、蔵があることが多い

 豊臣秀吉の都市改造政策以降、町費が間口に応じて決められたため、
 間口が狭くて奥行が長くされ「鰻の寝床」とも称される

 平安時代中期頃から発展し、江戸時代中期に現在のような形式に近いものとなる

【京町家の歴史・経緯】


【京町家の建築形式】

 <平入形式
 京都の町家は、屋根の棟を通りに平行に構える形式となっている
 (棟を通りに直角に構える様式は「妻入形式」と称する)

 <真壁造(しんかべつくり)
 京都の町家は、外壁に柱を見せる造りがされている

 <土壁造>
 京都には、火事を防ぐために土壁で外壁を覆う「土壁造」の町家は、明治時代になるまではほとんどなかった

 <表屋造>
 店を、通りに面して独立にして建てた造り
 建物の間の中庭を「坪庭」と称する

 <織屋造>
 奥に機織機械を数台おく形式の西陣地区の京町家

【京町家の種類】

 <厨子二階(つしにかい)>
 二階の天井が低く、虫籠窓がある建物
 江戸時代から明治時代の様式
 大名行列を見下ろさないように、2階の天井が低く抑えられていた

 <総二階(そうにかい)>
 二階の天井が一階と同じぐらいの建物
 明治時代後期から昭和時代初期の様式

 <平屋(ひらや)>
 一階建ての町家

 <仕舞屋(しもたや)>
 住居専用の町家
 店を「仕舞った」という意味が由来

 <大塀造(だいべいづくり)>
 仕舞屋の一種で、塀付きの屋敷


【京町家の意匠】

 <網代天井(あじろてんじょう)>
 うすく裂いた葦や檜などを編んだ天井
 茶室や、数寄屋造の座敷などによく使われる

 <一文字瓦(いちもんじがわら)>
 京都の町家は、軒先の瓦の下端が、鋭い刃物で切り落としたように横一文字にそろっている
 断面の厚さは三寸から三寸五分
 町並みの統一感がある意匠となる

 <犬走り(いぬばしり)>
 軒下のこと

 <犬矢来(いぬやらい)
 家屋を泥はねなどから守るため、格子窓や板塀の下部を竹で囲ったアーチ状の垣根

 <鰻の寝床
 京都の町家は、間口が狭く、短冊形の宅地になっていること

 <大戸(おおど)・くぐり戸>
 大きな物などを運ぶときには大戸を使い、
 夜間や人の出入りには、大戸の内側一部に作られたくぐり戸が使われる

 <おくどさん
 竈(かまど)のこと
 おくどさんの上には、愛宕神社の「火廼要慎」のお札と、かまどの神さまである「布袋尊」が祀られる

 <奥の間(おくのま)>
 お客さんを通す座敷
 庭に面し、床の間は季節によってしつらいが変えられる

 <階段箪笥(かいだんだんす)>
 階段の下を利用して箪笥にしたもの

 <隠し階段(かくしかいだん)>
 狭い京町家で、押し入れのスペースを使って造られている階段
 急な傾斜で省スペースにもなっている

 <ガス灯>
 明治維新の頃に流行したもので、大正時代には少なくなっていった

 <京格子(きょうごうし)>
 「紅殻格子(べんがらごうし)」と称される千本格子
 光を採り入れ、道ゆく人からは内側が見えにくく、家の中からは外の様子がよく見えるようにできている
 店の様子を知りたい場合には、その前に立ち止まると中の様子がよく見えるようになっている
 顔料の紅殻には防腐、防虫効果がある

 「糸屋格子(いとやごうし)」は、西陣などでよく見られ、
 格子の上部を切り止めることで光を多く取り入れ、着物の柄などがよく見えるような作りになっている
 「茶屋格子(ちゃやごうし)」は、中が見えにくくなっている
 「出格子(でごうし)」は出窓のような構造になっているもの

 <蔵(くら)>
 食べ物や、商品、財宝を火事やネズミなどから守るための倉庫
 壁は、漆喰で厚く塗り込まれており、真夏でも内部はひんやりしている

 <駒寄(こまよせ)
 人馬の進入を防ぐための京格子を取り囲む柵
 馬に乗って来たお客のための手綱を繋ぎ止めるものの名残ともいわれる

 <下地窓(したじまど)>
 壁の一部を塗り残したように下地をわざと見せた窓
 茶室などで、かすかな明かりを取り入れるため使われた

 <鍾馗さん
 小屋根(こやね)には、魔除けの鍾馗さんが祀られる京都の風習

 <簾(すだれ)>
 窓や京格子にかけられる日差し除けや、目隠しにもなる
 風通しがよくし、京都の蒸し暑い夏を涼しげな風情を出す

 <炭屋格子>
 薪炭問屋の表は、独特の格子になっていた
 幅三寸ほどの簀戸の板子、左右に開く目隠しのような格子、大戸との間に畳の横幅くらいの空間があった

 <坪庭
 家屋の中ほどに設けられた小さな庭
 風通しと採光の役割もある
 小さいながらも、灯籠や庭石に趣向が凝らされる

 <通り庭(とおりにわ)>
 表通りから裏庭まで、店舗棟、玄関棟、住居棟を一直線につなぐ土間の部分
 表から見世庭、玄関庭、走り庭などとも称される

 <通り庇(とおりびさし)>
 通りに向かって伸びた庇
 ばったり床几を出したり、雨宿りになったり、通りの公的な空間と、私的な空間をつなぐ半公共的な空間

 <長暖簾(ながのれん)>
 老舗の店先に、長々と垂れ下がった暖簾
 本来は、風除けや、目隠しのために戸前に下げたもの
 江戸時代初期
 染織が発展して、屋号や、商標、取り扱う商品がデザイン化されて染められ、看板のように用いられるようになった
 「京の三条室町は 聞いて極楽 居て見て地獄 お粥かくしの長暖簾」という京商人の囃子歌がある

 <走り庭(はしりにわ)>
 通り庭の奥のプライベートな部分
 走り(流し)や、おくど(かまど)、井戸などがあり、吹き抜けで梁が見える

 <バッタリ床机(ばったりしょうぎ)
 商家の門口の寄り付きに張り付いた上げ下げ式の揚見世(あげみせ)
 朝に下ろして商品を並べ、閉店のときには折りたたんでしまう陳列棚

 <張り出し>
 室町時代の商家に作られた「揚が棚」の一つ
 床几のような棚が門口から通りにせり出して障子がめぐらされる

 <見せの間(みせのま)>
 通りに面した一番目の部屋のことで、商売のための部屋に使われる「店の間」

 <虫籠窓
 中二階の土塗り壁の格子状の窓
 「厨子二階」と称される、低い二階の通風や採光のための窓
 姿形が「むしかご」に似ていることから称されるようになったといわれている

 <嫁隠し
 表玄関から裏まで続く細い通路(通り庭、走り庭)の中間付近にある半間ほどの板や衝立
 そこから奥は台所などの生活空間となるため、親しい人でも、家の人の許可が出るまでは、これより奥には入ってはいけない暗黙の習慣がある


【京町家再生プラン】

 2000年(皇紀2660)平成12年5月9日
 京都市により、京都の歴史・文化の象徴である京町家の保全・再生を促進するための支援策として策定される

 <ひと〜くらしの文化の継承・発展>
 <たてもの〜空間の文化の継承・発展>
 <まち〜まちづくりの文化の継承・発展>

【現存する京町家】

 <杉本家
 「奈良屋」という呉服屋で、町家としては、最大級の建物

 <長江家住宅
 典型的な職住一体の京都呉服商家

 <長谷川家住宅
 江戸時代の農家住宅

 <二條陣屋(小川家住宅)
 江戸時代初期に、小川家の住宅として建てられた京町家
 京都に屋敷を持たない諸大名の上洛中の陣屋、奉行所の公事宿などとしても利用された


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第7回1級】

【京都検定 第10回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク