幽霊子育飴(ゆうれいこそだてあめ)(YuureiKosodateAme)


幽霊子育飴(ゆうれいこそだてあめ)

場所:六道珍皇寺門前の飴屋 (京都市東山区大和大路通四条下ル小松町)   地図情報

伝統的製法による麦芽糖(ばくがとう)の飴

期間:六道まいり(精霊迎えの日)の8月7日〜10日

 幽霊子育飴(ゆうれいこそだてあめ)は、六道珍皇寺から少し東に入ったところの門前の飴屋で売られている、昔ながらの京菓子

 六道まいり(精霊迎えの日)の8月7日〜10日の間、お詣りのときに購入される

【由来】

 <幽霊子育飴の伝説
 桃山時代末期


【幽霊子育飴の特徴】

 蒸した米に麦芽を混ぜると、麦芽が発芽する時に糖化酵素が作り出され、麦芽糖が生じる
 生じた麦芽糖の汁をしぼって、氷砂糖を加えて煮詰めて固形飴にする

 甘さが少なく滑らかな味わいで、麦芽糖の独特の風味がある

【みなとや幽霊子育飴本舗】

 <木村茶補>
 松原通東大路西入ル南
 木村茶補が、製造元のみなとや幽霊子育飴本舗から販売を委託されている


【京都検定 第13回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第10回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク