金平糖(こんぺいとう)(Confeito)

金平糖(こんぺいとう)は、表面に角状の突起がある直径1cmほどの球形の砂糖菓子

語源:ポルトガル語のコンフェイト(confeito)

 金平糖(こんぺいとう)は、室町時代末期にポルトガルから日本に伝えられた砂糖菓子

 カラフルな色の、直径1cmほどの球形で、表面に角状の突起による凹凸を持っている

 皇室の引き出物として利用されていた

【金平糖の歴史・経緯】


【金平糖の製法】

 餅米を細かく砕いた「イラ粉」が核にされ、一個の核が一個の金平糖になる
 回転している大きな釜「銅鑼」の中に核を入れ、十分に温まったところで、グラニュー糖を煮詰めて溶かした蜜がふりかけられる
 水分を蒸発させて、蜜をかける、という作業を10日〜20日間繰り返す

 結晶の具合を見ながら、釜の回転を速くしたり遅くしたり、釜の角度を上げたり下げたり、
蜜の濃度を濃くしたり薄くしたりされる
 手間を離せば、ツノが折れたり、全部が一個に固まってしまう

 金平糖のツノは、核が釜の上から下へ転がっていく時、鉄板に触れた部分の蜜が乾いて少し固いところができ、
そこがわずかに出っ張るため、他の場所よりも蜜が付きやすくなり、少しずつ大きくなってツノになるといわれる


【緑寿庵清水の金平糖】

 日本で唯一の金平糖の専門老舗

 所在地:京都市左京区吉田泉殿町

 創業:慶応年間(1865年〜1868年)

 天然の味を付けると砂糖が固まらないといわれているが、50種ほどの天然風味な金平糖が作られている


【京都検定 第12回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク