かしわ餅(柏餅)(かしわもち)

和菓子

季節:5月5日の端午の節句

 かしわ餅(柏餅)は、丸めた上新粉の餅を平たくして餡をはさんで二つに折り、柏(かしわ)の葉などで包んだ和菓子

 餡には、粒餡、漉し餡(こしあん)、みそ餡などの種類がある

 5月5日の端午の節句には、ちまき(粽)とともにお供物にされるお菓子

【その他】

 <柏(かしわ)>
 「かしわ」は、古くは、食物を包んだり覆ったりした植物の葉の総称

 柏(かしわ)の葉は、しなやかで、食べ物を盛るのには都合がよく、古くから食器として使われてきた

 柏(かしわ)の葉は、新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、子孫繁栄(家系が途切れない)という縁起があるとされる


【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第10回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク