はなびら餅(HanabiraMochi)

正式名称:菱葩餅(ひしはなびらもち)

はなびら餅は京菓子の一つ

季節:正月

 菱葩餅(ひしはなびらもち)は、ごぼうと白味噌餡と紅色の菱餅を、白餅か求肥で包んだ上菓子

 平安時代の新年行事に由来する伝統菓子で、
 明治時代に、現在の形のはなびら餅が、京都の川端道喜により作られたといわれる

 裏千家の初釜に、こま盆にのせて用いられるお正月の上菓子

【はなびら餅の由来】


【はなびら餅の特徴】

 丸く平にした白い羽二重餅の上に、菱形の紅色の羽二重餅を重ね、二つ折りにされている

 中には、押鮎に見立てたごぼうと、お雑煮の意味もある白味噌餡が入っている

 「山家集」によると
 葩は、「花くだもの」と称され、「団扁にして花弁に似たる」といわれていた
 梅や桜などの花びらに見立てたといわれる

【川端道喜】

 京都市左京区下鴨南野々神町2-12

 1503年(皇紀2163)文亀3年に創業された上菓子屋

 毎朝、朝廷にお餅を献上していたといわれる

 はなびら餅「御菱葩(おんひしはなびら)」
 他店のように、ゴボウが餅の外に出ていない


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第15回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第10回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク