由岐神社(ゆきじんじゃ)(YukiJinjya)

所在地:京都市左京区鞍馬本町   地図情報

祭神:大己貴命少彦名命
相殿:八所大明神(はっしょだいみょうじん)

通称:靫明神(ゆきみょうじん)

ご利益:交通安全、縁結び、子授け祈願、安産祈願、火難除け

 由岐神社(ゆきじんじゃ)は、鞍馬寺の鎮守社、門前の産土神(うぶすな)として祀られている
 由岐神社の祭神は、医薬の祖神

 天皇のご病気など、国の非常時には、神前に靫(ゆき)(矢を入れる器具)を奉納して平穏を祈願されたことで
「靫明神(ゆきみょうじん)」とも称される
 当初は、内裏に祀られていたものが、天変地異が続く都を鎮めるため鞍馬に遷宮され、北方鎮護とされる

 由岐神社の懸崖門から見る千年杉と、秋の紅葉の名所

 時代祭と同じ10月22日に、京都三大奇祭の一つ鞍馬の火祭が行われる

【由岐神社の歴史・経緯】




【由岐神社の境内】

 <本殿>
 1610年(皇紀2270)慶長15年
 豊臣秀頼により再建された貴重な桃山建築

 <割拝殿(わりはいでん)(重要文化財)
 鞍馬山への参道の途中の九十九折り(つづらおり)の手前に建つ
 入母屋造、桧皮葺(ひわだぶき)、鞍馬山の斜面に沿って建つ懸造(かけづくり)(舞台造)
 中央の一間に石段の土間通路を設けて左右の二室に区分する「割拝殿形式(わりはいでんけいしき)」
 1607年(皇紀2267)慶長12年
 豊臣秀頼により再建された貴重な桃山建築

 <狛犬一対(重要文化財)>
 本殿脇の石造の狛犬(こまいぬ)
 子供を抱いている珍しいもので、子授け祈願・子孫繁栄・安産の神様として信仰されている

 <大杉3本(京都市指定天然記念物)>
 本殿石段の東側にあるスギ科のスギ
 割拝殿が建築されたときに植えられたものといわれる
 樹高約53m、樹齢約800年
 「大杉さん」と称されて、大杉社の御神木とされている

【由岐神社の末社】

 <三宝荒神社>
 祭神:三宝荒神大神
 古くよりこの地に、火の神様、竈の神様として祀られており、火難除けの神様として信仰されている
 祭日:5月第4日曜日

 <白長弁財天社>
 祭神:白長弁財天
 祭日:8月第1日曜日

 <冠者社>
 祭神:素戔鳴命
 鞍馬の冠者町に祀られていたもの
 商売繁昌の神様として信仰されている
 祭日:7月17日

 <岩上社>
 祭神:事代主神大山祇神
 鞍馬の岩上の森に祀られていたもの
 祭日:5月5日

 <大杉社>
 祭神:大杉の神木(京都市指定天然記念物
 願掛け杉の神木として信仰されている
 祭日:3月21日

 <八幡宮社>
 祭神:八幡大神



【由岐神社の祭事】

 <弓の神事> 1月15日
 <節分祭> 2月3日
 <大祓祭(夏越祓祭)> 6月30日
 <宵宮祭> 10月16日

 <鞍馬の火祭
 10月22日の例祭
 京都三大奇祭の一つ
 かがり火で山一面が赤く染まる勇壮な祭

 <お火焚祭> 11月9日
 <古神符焼納祭> 11月23日

【その他】

 市街地から車で鞍馬街道を30分程
 山間の貴船川に面して料理屋が軒を連ねている

 夏は、市街地より4度程涼しいといわれる

 <五条天神宮
 由岐神社と五条天神社は同じ祭神が祀られている
 五条天神社では、国に大事が起こったときに、国の役人がその責任を取って「流罪に処す」として
神社の扉に靫(ゆき)を架けて閉じるということが行われており、
由岐神社でも同様のことが行われていたことが「徒然草」に記されている

【アクセス】

 叡山電車 鞍馬線 鞍馬駅 徒歩約1分で仁王門(山門)
 この山門から多宝塔の間に、鞍馬山鋼索鉄道のケーブルカーがある


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第13回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク