八坂神社(やさかじんじゃ)(YasakaJinjya)

所在地:京都市東山区祗園町北側   地図情報

祭神:中御座:素戔嗚尊
    東御座:櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
    西御座:八柱神子神(やはしらのみこがみ)

社格明神二十二社下八社官幣大社別表神社

旧称:祗園社(ぎおんしゃ)、祗園感神院(ぎおんかんじんいん)、祗園天神社(ぎおんてんじんしゃ)、
    牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)

通称:祗園さん(ぎおんさん)

 八坂神社(やさかじんじゃ)は、東山区の中心部、四条通の東端にある神社

 四条通の西端には、松尾大社がある

 かつて「祗園社(ぎおんしゃ)」など、いろいろな名前で称されてきたが、明治時代の廃仏毀釈令により「八坂神社」と称される

 古くから疫病除けの神として広く信仰を集め、御霊会(ごりょうえ)(現在の祇園祭)を行ったといわれる

 現在も日本各地に約3千の分社がある

 日本神話によると
 祭神の素戔嗚尊は、八岐大蛇(やまたのおろち)(あらゆる災厄)を退治して、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)を救い、
地上に幸いをもたらした神さんといわれる

【八坂神社の歴史・経緯】


【八坂神社の祭神】

 祭神は、素戔嗚尊、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、八柱神子神(やはしらのみこがみ)

 <素戔嗚尊
 天照大御神の弟神
 天照大御神は、天津神(あまつかみ)の代表、素戔嗚尊は地祇(くにつかみ)の代表的存在として崇敬されている

 素戔嗚尊は、母親の死に悲しみ、高天原で暴れさまざまな罪も犯し、天照大御神から高天原から追放されるが、
 八岐大蛇(やまたのおろち)(あらゆる災厄)を退治し、
 櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)を救って妻として、地上に幸いをもたらした偉大な英雄神

 「古事記」では「須佐之男命」、「日本書紀」では「素戔嗚尊」と表記されている

 インドの釈迦の生誕地にちなむ祗園精舎の守護神でもり、牛頭天王(ごずてんのう)ともされる
 新羅に牛頭山という山があり、熱病に効果のある栴檀(せんだん)が採れることから、この山の名を冠した神と同一視される

 「伊呂波字類抄」によると
 牛頭天王は、天竺北方の九相国の吉祥園の城の王で、武塔天神ともいわれる


【八坂神社の境内】

 <本殿(重要文化財)
 <舞殿>
 <西楼門(にしろうもん)(重要文化財)
 <南楼門>
 <月下氷人石(げっかひょうじんせき)>
 <忠盛燈籠
 <龍穴>


【八坂神社の摂社】

 <疫神社(えきじんじゃ)>
 <悪王子社(あくおうじしゃ)>
 <冠者殿社>


【八坂神社の末社】

 <北向蛭子社>
 <大神宮>
 <美御前社>
 <大国主社>
 <玉光稲荷社>
 <日吉社>
 <刃物神社>
 <厳島社>
 <太田社>
 <大年社>
 <五社>

 <境外末社 冠者殿社(かんじゃでんしゃ)


【八坂神社の文化財】

 <木造狛犬(重要文化財)>

 <太刀(重要文化財)>
 銘に「豊後国行平作」とある
 平安時代末期の豊後(現在の大分県)の刀工 行平(ゆきひら)の作

 <太刀三口(重要文化財)>
 銘に「祗園社御太刀」「承応三甲午年九月吉日」とある
 江戸時代の刀工 出羽大掾国路(でわだいじょうくにみち)の作

 <鉦鼓一口 附: 鉦鼓一口(重要文化財)>
 銘に「長承三年」とある
 1134年(皇紀1794)長承3年の作

 <算額(重要文化財)>
 1691年(皇紀2351)元禄4年
 長谷川鄰完の奉納
 絵馬堂で復元額が展示されている

 <紙本着色 祗園社絵図 (重要文化財)>
 <祗園執行日記9冊附 祗園社記等59冊(重要文化財)>
 <八坂神社文書(2,205通)89巻(重要文化財)>

【八坂神社の祭事】

 <をけら祭>
 <元始祭>
 <かるた始め式
 <蛭子船巡行>
 <蛭子社祭(十日ゑびす大祭)>  <節分祭>
 <例祭
 <お茶壷道中>
 <祇園祭
 <疫神社夏越祭
 <七夕祭> 8月7日
 <観月祭> 中秋名月
 <舞楽奉納> 11月3日
 <鑚火式(さんかしき)> 12月28日
 <をけら詣

御旅所

 <四条御旅所(しじょうおたびしょ)>
 <大政所御旅所(おおまんどころおたびしょ)
 <少将井御旅所旧跡>


八坂神社の七不思議

 <雨垂れがしない西楼門(にしろうもん)(重要文化財)>
 <巣を作らない西楼門(にしろうもん)(重要文化財)>
 <絵馬堂>
 <夜泣き石>
 <二見岩>
 <龍穴>
 <龍吼(りゅうぼえ)>

【八坂神社の故事

 <忠盛燈籠
 拝殿の東方にある石燈篭
 雨の夜、燈籠に灯を入れようとしていた僧侶を怪物に見まちがい驚く白河法皇を、お伴していた平忠盛が沈着冷静に見定め
対処したという故事

【八坂神社の観光】

 <東山花灯路
 3月上旬
 東山山麓の、北は青蓮院から知恩院円山公園八坂神社を通って南は清水寺までの散策路約4.6kmに露地行灯が
約2,400基設置される

 八坂神社では、西桜門のライトアップや境内108の灯籠に灯が灯される

 <東山参道>
 ねねの道智慧の道神幸道の三つの道のことを称する
 三つの道は、円山公園付近でつながりそれぞれ知恩院、八坂神社へと続く

【八坂神社へのアクセス】

 市バス 祗園 徒歩約2分
 地下鉄 東西線 東山駅 徒歩約10分
 京阪電車 四条駅 東へ徒歩約5分
 阪急電車 河原町 東へ徒歩約10分

八坂神社の写真集


【京都検定 第1回3級】

77.切り口が八坂神社の神紋とよく似ていることから、祇園祭の間は口にしないといわれるものは何か?

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第9回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

写真集のページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク