棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)(Tanakurahiko Jinjya)

所在地:京田辺市田辺棚倉   地図情報

祭神:天香古山命(あめのかごやまのみこと)

社格式内社官幣大社・郷社

創建:不詳

 棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)は、京田辺駅の西、一休寺の東の棚倉の天神の森にある神社

 江戸時代には「天満宮」と称され、天満神社祖祀るとされ、地名もこれにちなんで「天神の社」と称されていた

【棚倉孫神社の歴史・経緯】


【棚倉孫神社の祭神】

 祭神は、天香古山命(あめのかごやまのみこと)

 別名、「高倉下命(たかくらじのみこと)」「手栗彦命(たなくりひこのみこと)」とも称される

 「手栗彦(たなくりひこ)」 が「棚倉孫神社(たなくらひこ)」に転訛したともいわれる

 「棚倉」とは、蚕棚の小屋のことで、この地域は養蚕が盛んであったため、養蚕に関係のある神さんともいわれる


【棚倉孫神社の境内】

 <本殿>
 東面して立っている
 一間社・流造・桧皮葺

 <拝殿>
 <絵馬殿>
 <瑞饋神輿倉(ずいきみこしくら)>

 <石造 燈篭>
 本殿手前右手に立っている
 桃山時代の作

 <末社 五社>
 拝殿の右に、5社が集まった一殿がある
 寶蓮稲荷大明神社
    祭神:正一位 稲荷大神(いなりおおかみ)
 老松殿・紅梅殿
    祭神:島田忠臣翁(しまだたたおきおう)・紅梅殿大神
 春日大神社・天照皇太神宮・八幡大菩薩社
    祭神:天児屋根命(あめのこやねのみこと)・天照皇大神・応神天皇
 多賀神社
    祭神:伊邪那岐命伊邪那美命
 稲荷神社
    祭神:宇迦之御魂神・佐田彦大神(さたひこのおおかみ)・
        大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)

 <末社 金毘羅社>
 祭神:大物主神(おおものぬしのかみ)
 石段下の左にある

 <松寿院跡(しゅうじゅいんあと)>
 石段下の左手にある社務所として使用されている
 1844年(皇紀2504)天保15年改築の建物
 江戸時代まで
 棚倉孫神社の神宮寺であった梅香山松寿院の跡
 明治時代
 神仏分離により廃寺となり、寺子屋・田辺小学校の仮校舎として使用される
 1873年(皇紀2533)明治6年
 田辺小学校開校により社務所になる



【棚倉孫神社の祭事】

 <祈年祭>
 2月 17日 の後の日曜日

 <例祭>
 10月15日
 神賑行事(かみにぎわいぎょうじ)として
 2年に1度、秋の収穫を祝って約30種の穀物や野菜などで飾られた「瑞饋神輿(ずいきみこし)」が巡行する
 1978年(皇紀2638)昭和53年2月
 氏子を母体に「棚倉孫神社瑞饋神輿保存会」が結成される
 1991年(皇紀2651)平成3年10月
 瑞饋神輿の巡行日を体育の日とされる

 <新嘗祭>
 11月23日

 <除夜祭>
 12月31日

【その他】

 <ずいき祭
 北野天満宮の祭礼でも行われる

【棚倉孫神社へのアクセス】

 近鉄電車 新田辺駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク