猿丸神社(さるまるじんじゃ)(Sarumaru Jinjya)

所在地:綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷   地図情報

祭神:猿丸太夫(さるまるだゆう)

社格:無格社

ご利益:瘤取り(こぶとり)、癌封じ

 猿丸神社(さるまるじんじゃ)は、宇治田原町にある神社

 平安時代の三十六歌仙の一人の猿丸大夫(さるまるだゆう)の霊廟の上に祀られている

【猿丸神社の歴史・経緯】

【猿丸神社の祭神】

 <猿丸太夫(さるまるだゆう)>
 生没年不詳
 平安時代の三十六歌仙の一人

 「古今和歌集」の真名序に、六歌仙の一人 大友黒主について、「大友の黒主が歌は、古の猿丸大夫の次なり」と評されている

 <古今和歌集215、小倉百人一首
 「おくやまに もみぢふみわけ なくしかの こゑきくときぞ あきはかなしき」
 (奥山に 紅葉 踏みわけ 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき)

【猿丸神社の境内】

 <鳥居>

 <本殿>
 猿丸大夫(さるまるだゆう)の霊廟となっている

 <狛猿>
 烏帽子をかぶり神具を持っている

【猿丸神社の祭事】

 <初猿丸祭>
 1月13日

 <春季大祭(春祭り)>
 4月13日

 <火焚き祭>
 6月13日

 <秋季大祭(秋祭り)>
 9月13日

 <終い猿丸祭(火焚き祭)>
 12月13日

【その他】

 <小説「猿丸幻視行」>
 江戸川乱歩賞を受賞した井沢元彦の小説の舞台となっている

 <癌平癒>
 古来より瘤取り(こぶとり)のご利益があるとされ、近年は癌平癒が祈願される

【猿丸神社へのアクセス】

 京阪宇治交通バス 猿丸神社 下車すぐ


【京都検定 第9回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク