酒屋神社(さけやじんじゃ)(SakeyaJinjya)

所在地:京田辺市興戸宮ノ前   地図情報

祭神:津速魂神(つはやむすびのかみ)
配祀:応神天皇(おうじんてんのう)

社格式内社官幣小社・村社

創建:不詳

 酒屋神社(さけやじんじゃ)は、京田辺市役所の南、興戸宮ノ前にある神社

 式内社とされ、神功皇后が朝鮮から持ち帰った「九山八海の石」が、現在もあるといわれる

 近くに興戸の大池があり、秋は紅葉の名所となっている

【酒屋神社の歴史・経緯】


【酒屋神社の境内】

 <本殿>
 一間社流造
 屋根は、正面は千鳥破風、向拝の前面は軒唐破風となっている
 1876年(皇紀2536)明治9年の再建

 <拝殿>

【酒屋神社の末社】

 <七社>
 事比羅神社 大物主神(おおものぬしのかみ)
 厳島神社 市杵嶋姫命
 火産霊神社 火産霊命(ほむすびのみこと)・奥津彦神(おきつひこのかみ)・奥津姫神(おきつひめのかみ)
 三神社 天照皇大神・応神天皇(おうじんてんのう)・武甕槌神(たけみかづちのかみ)
 壷神社 埴山比売神(はにやまひめのみこと)
 伊邪那美神社 伊邪那美命
   合殿 豊受姫神社 豊受姫命(とようけひめのみこと)
 綿津姫神社 綿津姫命(わたつひめのみこと)
   合殿 佐田彦名神社 佐田彦名命(さたひこなのみこと)

 <菅原神社>
 祭神:菅原道真

 <若宮社>
 祭神:不明

【酒屋神社の祭事】

 <歳旦祭> 1月1日
 <元始祭> 1月3日
 <祈年祭(春祭り)> 3月上旬
 <例祭> 11月3日
 <新嘗祭(秋祭り)> 11月下旬

【酒屋神社へのアクセス】

 近鉄電車 興戸駅 徒歩約30分
 JR西日本 片町線(学研都市線) 同志社前駅 徒歩約30分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク