新玉津嶋神社(にいたまつしまじんじゃ)(NiitamatsuJinjya)



所在地:京都市下京区松原通室町東入ル玉津島町   地図情報

祭神:稚日女尊(わかひめのみこと)・息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・
    衣通姫尊(そとおしひめのみこと)

社格:村社

創建:藤原俊成藤原定家の父親)

 新玉津嶋神社(にいたまつしまじんじゃ)は、京都市街の中心部にたつ小さな神社

 松尾芭蕉が、藩主の用事で新玉津嶋神社を訪れ、社司だった北村季吟の弟子になったといわれる



【新玉津嶋神社の歴史・経緯】


【新玉津嶋神社の境内】

 <末社 天満宮>
 祭神:菅原道真

 <末社 秋兼神社>

 <北村季吟先生遺蹟
 鳥居横に石標が立てられている



【新玉津嶋神社へのアクセス】

 市バス 烏丸松原 徒歩約3分
 地下鉄 五条駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク