宗忠神社(むねただじんじゃ)

所在地:京都市左京区吉田下大路町   地図情報

祭神:宗忠大明神 黒住宗忠(くろずみむねただ)(黒住教の教祖)

社格:府社

通称:神楽岡宗忠神社

 宗忠神社(むねただじんじゃ)は、吉田山の南丘陵上に立つ黒住教の神社

 幕末維新の新興民衆宗教の一つ黒住教の教祖 黒住宗忠(くろずみむねただ)を祀る
 黒住宗忠の生地で黒住教の本部のある岡山にも宗忠神社がある

【宗忠神社の歴史・経緯】




【黒住教】

 黒住教は、幕末維新の新興民衆宗教の一つ

 教祖:黒住宗忠(くろずみむねただ)

 <教義>
 天命(太陽神・天照大御神)を宇宙創造の中心とし、人心をその分霊とみて、神人合一を説く

 伝統的な神祇観に近く、神道界や尊皇思想家に受け入れられた



【宗忠神社の境内】

 <本殿>
 流造
 1912年(皇紀2572)明治45年の改築

 <拝殿>
 1937年(皇紀2597)昭和12年の改築

 <神井戸>
 創建後に掘られた井戸
 山の上の土地であることから「水は出ない」といわれていたが、
赤木忠春は、三十尺(約10m)だけ掘らせ、神前に供えた御神水を空井戸に注ぎ祈願したところ、
翌朝には、水が涌き出していたといわれる
 それ以来、水が湧き続けているが、神社に御神慮に適わぬことが起こると水が濁るといわれる

 <宗忠鳥居>
 正参道の上に立つ二の鳥居
 神明鳥居の代表的な形式の一つ
 鹿島鳥居に額束を取り付け、両柱を少々内方に傾斜(転び)をつけた形式
 反り増が無く、島木が無く、貫が柱から出ており、額束がある形式
 鹿島鳥居にある楔の有無は問われない
 1982年(皇紀2642)昭和57年
 宗忠神社御鎮座百二十年記念祝祭の記念事業の一つとして、現在の場所に石造りの宗忠鳥居が再建された


【宗忠神社の境内神社】

 <神明宮>
 祭神:天照大御神
 本殿の北に並んで立つ
 1866年(皇紀2526)慶応2年9月16日
 二条関白殿の鎮守神明宮を現在の地に遷された

 <白山社>
 祭神:菊理媛尊(くくりひめのみこと)(白山比淘蜷_(しらやまひめのおおかみ)・伊邪那岐命伊邪那美命
 境内の右に立つ
 白山比淘蜷_は、加賀国(石川県)の霊峰白山を神体山とする
 この土地を鎮護する神として、古くから祀られている

 <忠春社>
 祭神:赤木忠春(赤木忠春神)
 本殿の左に立つ
 赤木忠春(あかぎただはる)は、黒住宗忠の高弟の一人で、美作(岡山県久米郡)の生まれ
 宗忠大明神の大道宣布のため、京都で布教に貢献した
 幕末維新では、勤皇派として国事のためにも寄与したとされる



【宗忠神社の祭事】

 <例祭>
 4月第4日曜日

 <神明宮 例祭>
 10月

【宗忠神社へのアクセス】

 市バス 近衛道 徒歩約10分
 市バス 錦林車庫前 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク