猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)

猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)は、日本神話に登場する国津神

古事記:猿田毘古神・猿田毘古大神・猿田毘古之男神
日本書紀:猿田彦命

父神:不明
母神:不明
性別:男神
妻神:天宇受賣命

道の神、道案内の神、旅人の神、交通安全の神

 猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)は、日本神話の登場する国津神

 邇邇芸命が天孫降臨するときに、途中で待ち伏せ、先導役を担った
 その時に出会った、天宇受賣命とともに伊勢国に向かい、そこで国土の開拓を指導した

 天孫降臨の道案内をしたということから、道の神、道案内の神、旅人の神、交通安全の神とされる
 道祖神とも同一視される

【古事記】

 <「古事記」に登場する段>
 邇邇芸命

【経緯】

 「古事記」によれば

 <天孫降臨>
 国譲りを受けた天照大御神の孫の邇邇芸命瓊瓊杵尊)が天降りしようとしたときに、天の八衢(やちまた)に立って
高天原(たかあまはら)から葦原中国(あしはらのなかのくに)までを照らす神がいた
 天照大御神と高木神(高御産巣日神(タカミムスビ)は、天宇受賣命に、「お前はか弱い女ではあるけれども、
敵対する神に対して面と向かっても顔負けしない神である」と、その神の元へ行って誰であるか尋ねるよう命じた
 その神は、国津神の猿田彦大神と名乗り、天つ神の御子が天降りをされると聞いて先導をしようと迎えに来たという

 天孫降臨には、5つの職業集団の長として5柱の五伴緒(いつとものお)がお供する
 天児屋命(アメノコヤネ)・布刀玉命(フトダマ)・天宇受賣命・伊斯許理度売命(イシコリドメ)・玉祖命(タマノオヤ)

 また、三種の神器(八尺瓊勾玉・八咫鏡・天叢雲剣)を持った3柱が随行する
 思金神(オモヒカネ)・手力男神(タヂカラオ)・天石門別神(アマノイワトワケ)

 邇邇芸命らが無事に葦原中国に着くと、邇邇芸命は、天宇受賣命に、「我々の先導を努めてくれた猿田毘古大神は、
名前を聞き出したお前が送っていってあげなさい。そしてその神の名前を貰って自分の名前とし、一層我に仕えるように」と言った
 これにより、女(をみな)を猿女君(さるめのきみ)と称することになる

 猿田彦大神は、天宇受賣命と故郷である伊勢国の五十鈴川の川上へ帰り、
 その後、伊勢の地を本拠として国土の開拓を指導されたといわれる

 <溺れ死>
 猿田彦大神は、伊勢の阿邪訶(あざか)(現在の松阪市)の海で漁をしていたとき、
比良夫貝(ひらふがい)に手を挟まれ、溺れ死んでしまう
 その海に沈んでいる時に、底度久御魂(そこどくみたま)、猿田彦が吐いた息の泡が昇る時に都夫多都御魂(つぶたつみたま)、
泡が水面で弾ける時に阿和佐久御魂(あわさくみたま)という3柱の神が生まれた

【猿田彦大神】

 <容姿>
 鼻長は七咫、背長は七尺、目が八咫鏡のように、またホオズキのように照り輝いているとされる
 天狗の由来とされる

 <ご利益>
 天孫降臨のときに道案内をしたということから、道の神、道案内の神、旅人の神、交通安全の神とされる
 道祖神とも同一視される

 <子孫>
 猿田彦大神の子孫の大田命(オオタノミコト)は、倭姫命が天照大御神を祀るのに相応しい地を探して
諸国を巡っていたときに、倭姫命を先導して五十鈴川の川上一帯を案内して、その地を献上したといわれる
 大田命の子孫は、宇治土公(うじのつちぎみ)と称して、代々伊勢神宮の玉串大内人に任じられた

【猿田彦大神を祭神とする主な神社】

 <猿田彦神社(伊勢市)>

 <猿田彦神社(上京区)>
 <猿田彦神社(右京区)>
 <道祖神社
 <松原道祖神社
 <御辰稲荷神社
 <出世稲荷神社
 <幸神社

 <全国各地の道祖神>
 道祖神として、猿田彦大神が、妻とされる天宇受賣命とともに祀られている

 <全国各地の白鬚神社>
 白鬚神社(滋賀県高島市)の祭神とされたことから、全国各地でも白鬚明神として祀られている

【その他】

 「日本書紀」には、天宇受賣命は、猿田彦大神に、胸乳を露わにし裳帯(もひも)を臍(へそ)の下に垂らしたと記されている

 「古事記」「日本書紀」には、猿田彦大神と天宇受賣命が結婚したことは記されていない

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク