大山津見神(オホヤマツミノカミ)

大山津見神(オホヤマツミノカミ)は、日本神話に登場する天津神

古事記:大山津見神
日本書紀:大山祇神
別称:大山積神

父神:伊邪那岐命
母神:伊邪那美命
性別:男神

別名:和多志大神(ワタシノオオカミ)、酒解神(サケトケノカミ)

神格:山の神、海の神、酒造の祖神

 大山津見神(オホヤマツミノカミ)は、梅宮大社などに祀られている、日本神話に登場する天津神(あまつかみ)

 伊邪那岐命伊邪那美命の神生みによって生まれた神
 その後、大山津見神の子供とされる神々が登場するが、大山津見神自身はあまり登場しない

 名前・別名から、山の神・海の神とされ、酒造の祖神・酒解神ともされる
 日本全国の山を統括する神で、娘の木花咲耶姫命は、富士山の守護神、その姉の岩長姫神は浅間山の守護神とされる

【古事記】

 <「古事記」に登場する段>
 伊邪那岐命と伊邪那美命の神生み
 八岐大蛇退治
 木花之佐久夜毘売

【大山津見神の経緯】

 「古事記」によれば

 伊邪那岐命伊邪那美命が国生みを行った後、多くの神々を生む  18柱の神々を生んだ後、
 次に、風の神を生み、名は志那都比古神(シナツヒコ)
 次に、木の神を生み、名は久久能智神(ククノチ)
 次に、山の神を生み、名は大山津見神(オホヤマツミ)
 次に、野の神を生み、名は鹿屋野比売神(カヤノヒメ)、また名は野椎神(ノヅチ)という

 この大山津見神と、野椎神の二神が、山と野を分担して生んだ神の名は、天之狭土神(アメノサヅチ)
 次に、国之狭土神(クニノサヅチ)、次に天之狭霧神(アメノサギリ)、次に国之狭霧神(クニノサギリ)、
次に天之闇戸神(アメノクラド)、次に国之闇戸神(クニノクラド)、次に大戸惑子神(オホトマトヒコ)、
次に大戸惑女神(オホトマトヒメ)
 天之狭土神から大戸惑女神まで併せて八神である


 天津国から追い払われた須佐之男命は、出雲国の肥の河上の鳥髪(とりかみ)の地に降りる
 そこに、川の上流から箸(はし)が流れてきて、上流に向かうと、老夫(おきな)と老女(おみな)が娘を前にして泣いていた
 須佐之男命が老夫に素性を問うと、その老夫は、「私は、大山津見神の子で、足名椎(アシナヅチ)といい、
妻は手名椎(テナヅチ)、娘は櫛名田比売(クシナダヒメ)と言います」と答えた

 その後、八岐大蛇の退治の後、須佐之男命が、櫛名田比売(クシナダヒメ)と結ばれ、八島士奴美神(ヤシマジヌミ)が生まれる
 また、大山津見神の娘の神大市比売(カムオホイチヒメ)を娶(めと)って、大年神(オホトシ)と宇迦之御魂神の二柱が生まれる
 さらに、八島士奴美神が、大山津見神の娘の木花知流比売(コノハナチルヒメ)を娶って
布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌ)が生まれる


 天孫の天津日子番能邇邇芸能命は、葦原中国に降臨した後に、
笠沙御前(かささのみさき)(鹿児島県の西方野間岬)で麗しい美人と出逢う
 そこで、「誰の娘か」と尋ねると、「大山津見神の娘で、名前は神阿多都比売(カムアタツヒメ)
またの名は、木花佐久夜毘売と言います」と答える
 また、「あなたに姉妹はいますか」と問うと、「姉に石長比売(イハナガヒメ)がいます」と答える
 そして、「私はあなたと結婚したいと思うがいかがか?」と言うと、「私は答えられません」
「私の父の大山津見神が申し上げるでしょう」と答えた
 それ故、父親の大山津見神にお願いの遣いを送ると、いたく歓喜して、姉の石長比売(イハナガヒメ)と、
多くの貢物を持たせて送り出した
 しかし、その姉はとても醜くかったので、見るなり恐れて送り返して、妹の木花佐久夜毘売だけを留めて、
一夜の婚(まぐはひ)をした
 すると、大山津見神は、石長比売を返されたことで、深く恥じて、「私の娘を二人とも送ったのは、石長比売を側におくなら、
天神(あまつかみ)の御子の命が、岩が雪が降り風が吹いても常に動かないように、いつまでも続くように、
また木花佐久夜毘売を側におくなら、木の花が咲き誇るように栄えるように
宇気比(うけひ)(誓約)して送った
 しかし、石長比売を返えして、木花佐久夜毘売を一人だけ留めてしまったので、
天つ神の御子の寿命は、木の花のようにはかなくなることでしょう」と言った
 故に、これにより、天皇命(すめらみこと)たちの御命(みいのち)は短いものとなってしまった

【大山津見神の妻と子供】

 <妻>
 野の神の鹿屋野比売神(カヤノヒメノカミ)、別名、野椎神(ノヅチノカミ)

 <野椎神との子供8柱>
 天之狭土神(アメノサヅチノカミ)
 国之狭土神(クニノサヅチノカミ)
 天之狭霧神(アメノサギリノカミ)
 国之狭霧神(クニノサギリノカミ)
 天之闇戸神(アメノクラドノカミ)
 国之闇戸神(クニノクラドノカミ)
 大戸惑子神(オホトマトヒコノカミ)
 大戸惑女神(オホトマトヒメノカミ)

 <大山津見神の子供とされる神々>
 足名椎命(アシナヅチノミコト)・手名椎命(テナヅチノミコト)
    須佐之男命の妻の櫛名田比売(クシナダヒメ)の両親
 神大市比売(カムオホイチヒメ)
    須佐之男命の妃で、大年神(オホトシ)と宇迦之御魂神の母親
 木花知流比売(コノハナチルヒメ)
    須佐之男命と櫛名田比売との子の八島士奴美神の妃で、布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌ)の母親
 木花佐久夜毘売
    邇邇芸命の妻
 石長比売(イハナガヒメ)
    木花佐久夜毘売の姉

【大山津見神を祭神とする主な神社】

 <大山祗神神社(愛媛県大三島町)>
 全国の山祇神社、約1万社の総本社

 <三嶋大社(静岡県三島市)>
 全国の三島神社の総本社

 <梅宮大社
 <篠葉神社

【その他】

 <山の神・海の神>
 「オオヤマツミ」は「大いなる山の神」という意味で、日本全国の山を統括する
 「ツ」は「の」、「ミ」は「神霊」の意味がある
 娘の木花佐久夜毘売は、富士山の守護神、その姉の石長比売(イハナガヒメ)は浅間山の守護神とされる
 別名の「和多志大神(ワタシノオオカミ)」の「ワタ」は「海」の古語で、「海の神」という意味

 <酒造神・酒解神>
 娘の木花佐久夜毘売が、天孫の邇邇芸命の子の火遠理命を生んだとき、
それを喜んだオオヤマツミは、狭奈田(さなだ)の茂穂で天甜酒(あめのたむざけ)を造り、天地の神々に振る舞ったとされ
オオヤマツミを「酒造神」、木花佐久夜毘売を「酒解子神」と称して、酒造の祖神として祀るようになったといわれる

 <軍神・武神>
 海の神として祀られる大山祗神神社(愛媛県大三島町)は芸予海峡にあり瀬戸内海の水運交通の要衝であり、
ここを往来する武将の信仰を集めるようになる
 国宝、重要文化財の鎧兜の約7割が、大山祗神神社の所蔵となっている

 <山津見八神>
 伊邪那岐命が、天之尾羽張(あめのをはばり)で迦具土神(カグツチ)を斬殺した時に、山津見八神が生まれている
 頭から、正鹿山津見神(マサカヤマツミ)
 胸から、淤縢山津見神(オドヤマツミ)
 腹から、奥山津見神(オクヤマツミ)
 陰部から、闇山津見神(クラヤマツミ)
 左手から、志芸山津見神(シギヤマツミ)
 右手から、羽山津見神(ハヤマツミ)
 左足から、原山津見神(ハラヤマツミ)
 右足から、戸山津見神(トヤマツミ)

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク