木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)

木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)は、日本神話に登場する女神・天津神

古事記:本名:神阿多都比売(カムアタツヒメ) 別名:木花之佐久夜毘売
日本書紀:本名:神吾田鹿葦津姫命(カミアタカアシツヒメノミコト) 別名:木花開耶姫

別称:木華開耶姫、木花開耶媛命、酒解子神(サケトケノコノカミ)、
    神吾田津姫、豊吾田津姫(トヨアタツヒメ)、豊吾多津媛命(トヨアタツヒメノミコト)

父神:大山津見神(大山祇神)
母神:不明
性別:女神
姉神:石長比売(イワナガヒメ)
妹神:神大市姫神(カムオオイチヒメノカミ)、木花知流比売命(コノハナチルヒメノミコト)

夫神:邇邇芸命
子供:火照命(ホデリ)(海幸彦)、火須勢理命(ホスセリ)、火遠理命(山幸彦)

神格:山の神、酒造の神、火の神、安産の神

 木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)は、梅宮大社などに祀られている、日本神話に登場する天津神(あまつかみ)

 とても麗しい女神で、邇邇芸命と出会ってすぐに求婚される
 父親の大山津見神は、姉の石長比売も一緒に嫁がせるが、石長比売はあまりにも醜かったため帰されてしまい、
それにより、天皇命(すめらみこと)たちの寿命が短くなったといわれる
 一夜の契りで妊娠したことを疑われ、産屋に火をつけてその中で火照命、火須勢理命、火遠理命の3柱を産む
 その火遠理命の孫が、神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイハレビコ)(神武天皇)になる

【古事記】

 <「古事記」に登場する段>
 木花之佐久夜毘売

【経緯】

 「古事記」によれば

 天津日子番能邇邇芸能命が、笠沙御前(かささのみさき)(現在の鹿児島県南さつま市)で、
麗しい美人と出会い、「誰の娘なのか」と尋ねると、「大山津見神の娘で、神阿多都比売(カムアタツヒメ)、
またの名前を、木花佐久夜毘売と言います」と答えた
 そして、「私はあなたと結婚したいと思う」と言うと、「私の父親の大山津見神が返事をいたします」と答えた
 それで、大山津見神にお願いの遣いを送ると、とても歓喜して、その姉の石長比売(イハナガヒメ)を添えて、
多くの貢物を持たせてきた
 しかし、その姉はとても醜くかったので、見るなり恐れて送り帰して、妹の木花佐久夜毘売だけを留どめて、
一夜の契りを行った
 すると、大山津見神は、石長比売を返されたことで、とても恥じて、「私が二人の娘を授けた理由は、石長比売を側におくなら、
天神(あまつかみ)の御子の命は、雪が降り風が吹いても常に岩のように、いつまでも変わらずにおられるでしょう
 また木花佐久夜毘売を側におくなら、木の花が咲き誇るように栄えるようにと、
宇気比(うけひ)(神意をはかって)送ったが、石長比売を帰して、木花佐久夜毘売を一人だけ留めることにしてしまったので、
天つ神の御子の寿命は、木の花のようにはかないものになることでしょう」と言った
 それ故、天皇命(すめらみこと)たちの寿命は長くないものとなってしまった

 その後に、木花佐久夜毘売が、やって来て、「私は妊娠して、今、生まれる時期になりました」
「この天つ神の御子は、私事として黙って生むべきではないので、やってきました」と言う
 すると、「佐久夜毘売よ、一夜で懐妊したのか」「これは我が子ではなく、きっと国つ神の子だ」と言った
 すると、木花佐久夜毘売は、戸の無い八尋殿(やひろどの)を作り、その御殿の中に入り、土で塗り塞いで、
「私が妊娠した子が、もし国つ神の子であれば、産むことができないでしょう、もし天つ神の御子であれば
無事に生まれるでしょう」と言って、その殿に火をつけて産んだ
 それ故に、火が盛んに燃えている時に生まれた子の名前は、火照命(ホデリ)
 これは隼人阿多君(はやひとのあたのきみ)の祖となる
 次に生まれた子の名は、火須勢理命(ホスセリ)
 次に生まれた子の御名は、火遠理命、またの名は、天津日高日子穂穂手見命(アマツヒコヒコホホデミ)という
 この三柱の子供を産んだ

【木花咲耶姫命を祭神とする主な神社】

 <富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)>
 富士山を御神体とする
 全国の浅間神社約1300社の総社

 <梅宮大社
 <縣神社
 <敷地神社

【その他】

 <出産の守り神>
 木花咲耶姫命が、自分で建てた産屋に火を放って、燃え盛る火の中で3人の子供を無事に出産したことに由来する
 全国の「子安神社」で祀られている

 <富士山の神霊>
 富士山を御神体とする浅間神社の祭神として、木花咲耶姫命が祀られている
 木花咲耶姫命が、全ての山の神とされる大山祗神の娘であることから、さらに富士山が一番美しい山であること、
古くから火を噴く神聖な山であったことからであるといわれる

 <酒造の神>
 父神の大山祗神を酒解神(サケトケノカミ)、木花咲耶姫命は、酒解子神(サカトケコノカミ)とされる
 「日本書紀」一書によると、木花咲耶姫命が天孫の邇邇芸命の子を出産した後、
卜占によって稲田を選び(狭名田)(現在の鹿児島県霧島市)、そこで収穫した神聖な米で、
大山祗神が天舐酒(アマノタムケザケ)を醸造し、3人の子の誕生を祝ったとされることから「酒造の神」とされる

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク