鎌達稲荷神社(けんたついなりじんじゃ)
KentatsuInari Jinjya


所在地:京都市南区唐橋西寺町   地図情報

祭神:倉稲御魂神猿田彦大神

ご利益:開運・勝負運を招き奇蹟を生む神さま

 鎌達稲荷神社(けんたついなりじんじゃ)は、西寺跡の西寺公園内に建つ小さな神社

 平安時代後半
 陰陽師 安倍晴明の子孫の安倍家、土御門家の鎮守社であり、代々の天皇の祈願が行われていた

 万生業に福利を授けられる開運の神 倉稲御魂神と、広く人事を良きに導く交通安全の神 猿田彦大神が祀られている

 畿内七道の総産土神であり、天下泰平・五穀成就の祈願所であった

【鎌達稲荷神社の歴史・経緯】


【鎌達稲荷神社の祭神】

 倉稲御魂神は、素戔嗚尊と神大市比売神(かむおほいちひめ)との間に生まれ、
穀物の神・農耕の神・商工業の神さまとして、稲荷神(お稲荷さん)としても広く信仰されている

 猿田彦大神は、瓊瓊杵尊の天孫降臨のときに、
道案内をしたことから、道の神・旅人の神さまとされる

【鎌達稲荷神社の祭事】

 <節分祭> 2月節分の日

【その他】

 <サムハラ守>
 奇跡を呼び、災難を除け勝運を招くといわれるお守り

【鎌達稲荷神社へのアクセス】

 市バス 西寺前 徒歩約1分
 JR西大路駅 徒歩約10分
 京都駅八条口 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク