建勲神社(たけいさおじんじゃ)(Takeisao Jinjya)


所在地:京都市北区紫野北舟岡町   地図情報

祭神:織田信長
配祀:織田信忠(織田信長の息子)

社格別格官幣社別表神社

神紋:五瓜に唐花紋(通称、木瓜紋)(織田信長の家紋)

旧称:建織田社(たけおだしゃ)、建勲社

通称:建勲神社(けんくんじんじゃ)、建勲さん(けんくんさん)

 建勲神社(たけいさおじんじゃ)は、平安京四神相応の玄武に相当する船岡山の山頂付近に建つ

 織田信長と織田信忠の父子が祀られている

【建勲神社の歴史・経緯】



【建勲神社の境内】

 <大鳥居>
 京都府で最大の木造明神型素木造(みょうじんがたしろきづくり)
 高さ7.4m、幅10.3m、柱の本径約70cm
 推定樹齢1200年の紅檜が用いられ、素木造の大鳥居は大変に貴重なもの
 1934年(皇紀2594)昭和9年に建替えられ、
 2000年(皇紀2660)平成12年に大改修される

 <本殿>
 <拝殿>
 <祝詞舎>
 <渡廊>
 <透塀>
 <神饌所>
 <祭器庫>
 <手水舎>
 <貴賓館>

 <石碑 大平和敬神>
 旧本殿跡に建つ

 <境内社 義照稲荷神社>
 祭神:宇迦之御魂大神、国床立大神、猿田彦大神の三柱
 古くより秦氏の守護神であり、西陣織の祖神
 応仁の乱では、西軍の陣が張られたところ
 参道には赤い鳥居が建つ

 <伏見稲荷大社命婦社>
 船岡山の霊狐が祀られている
 伏見稲荷大社の元宮として古来よりの信仰を集める

 <船岡山妙見社>
 船岡山の地の神 玄武大神が祀られている
 妙見は北極星を表し、北を示すシンボルであり、玄武の象徴である
 諸厄消除、万病平癒、家宅守護のご利益があるとされる


【建勲神社の文化財】

 <義元左文字の太刀(重要文化財)>
 桶狭間の合戦の際に用いられたもの

 <紺糸威胴丸(重要文化財)>
 織田信長が着用したもの

 <信長公記(重要文化財)>
 太田牛一自筆本

【建勲神社の祭事】

 <夏越祓
 茅の輪くぐりにより厄除・悪疫退散が行われる

 <船岡大祭>
 10月19日
 織田信長の上洛の日(1568年(皇紀2228)永禄11年)を記念する大祭
 仕舞、舞楽の奉納や、宝物の展示や火縄銃三段打の奉納などもある

 <お火焚祭>
 11月23日
 今年一年間の収穫に感謝する行事
 祭神 織田信長の奉斎も行われる

織田信長の功績】

 1568年(皇紀2228)永禄11年10月
 織田信長は、正親町天皇の勅命を拝して京都に上洛する
 皇居の修理に着手
 市民の賦税を免じて京都の再興に尽力する
 関所を廃して、道路を修理する
 貨幣制度を整えて商工を発展させた
 茶道、馬術、相撲などを奨励して人心の安定に貢献した

船岡山

 船岡山は、全山が国の史跡、風致地区に指定されている

 標高:45m 周囲:1300m、面積:25,000坪

 樹種が極めて多く、帰化植物がほとんど入り込んでいない貴重な森とされている

 船岡山が、平安京の北の基点となり、真南が大極殿朱雀大路となる

【建勲神社へのアクセス】

 市バス 建勲神社前(けんくんじんじゃまえ) 徒歩約3分


【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク