菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)(Kandaijin Jinjya)


所在地:京都市下京区仏光寺通西洞院通東菅大臣町   地図情報

祭神:菅原道真・尼神(あまがみ)・大己貴命

社格:府社

旧称:天神御所・白梅殿社

通称:菅大臣天満宮(かんだいじんてんまんぐう)

 菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)は、西洞院通の東側の仏光寺通と高辻通の間にある神社

 この地は、菅家(菅原氏)の邸宅地で、菅家廊下(かんけろうか)といわれた学問所の跡地でもある

 菅原道真が誕生した地で、産湯に使われたといわれる天満宮誕浴の井が残り、
幼少の頃には、学問に励んだといわれ、天満宮降誕之地の石碑が立つ

 かつては、「天神御所紅」「白梅殿」とも称され、仏光寺通を挟んで北側には、北菅大臣神社紅梅殿跡)がある


【菅大臣神社の歴史・経緯】




【菅大臣神社の境内】

 創建当時、菅家(菅原氏)邸宅の広さは、仏光寺通を中心に南北二町、東西一町あったといわれる

 <本殿>
 三間社流造、銅巻柿葺
 1869年(皇紀2529)明治2年
 三間社流造の下鴨神社の本殿(1835年(皇紀2495)天保6年の建立)が移築される
 その後、幣殿が建立されて、八棟造(やつむね)となっている

 <幣殿>

 <北の鳥居> 仏光寺通
 <南の鳥居> 高辻通
 <西の鳥居> 西洞院通

 <狛犬(こまいね)>
 社殿前の狛犬
 右前足を上げて、足の甲の上に玉を載せている珍しいもの

 <天満宮誕生水の井戸>
 本殿の南
 菅原道真の産湯に使われたといわれる井戸
 「天満宮誕生水」の石碑が立っている

 <飛梅>
 菅原道真が太宰府に左遷される前に、紅梅殿にあった梅に、
 「こち吹かば匂ひをこせよ 梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」と詠んだところ、
菅原道真を慕って、一夜のうちに太宰府に飛んで行ったいったといわれる
 現在は、白梅殿(菅大臣天満宮)の鳥居の横に立っている

 <菅家邸址の石碑>
 北の鳥居の脇に立つ

 <天満宮降誕之地の石碑>
 北の鳥居の脇に立つ



【菅大臣神社の摂社・末社】

 <摂社 火御子社>
 祭神:火雷神(からいじん)
 本殿向かって左、奥にたつ

 <摂社 老松社>
 祭神:島田忠臣(しまだのただおき)
 本殿向かって左、手前にたつ

 <摂社 白太夫社>
 祭神:渡会春彦(わたらいはるひこ)
 本殿向かって右、奥にたつ

 <摂社 福部社>
 祭神:十川能福(そどうののうふく)
 本殿向かって右、手前にたつ

 <末社 春崎稲荷社>
 祭神:倉稻魂神(うかのみたまのかみ)

 <末社 三玉稲荷社>

【菅大臣神社の祭事】

 <菅大臣祭> 5月第2日曜日




菅原道真の誕生の地】

 菅原道真の誕生の地とされているところが数ヶ所ある

 <菅大臣神社>
 下京区
 菅家(菅原氏)邸宅「紅梅殿・白梅殿」
 天満宮降誕之地の石碑
 産湯に使われた天満宮誕浴の井

 <菅原院天満宮神社
 上京区
 菅原道真・父親・祖父の3代の邸宅「菅原院」跡
 産湯に使われた菅公初湯井

 <吉祥院天満宮
 南区
 菅原清公(菅原道真の祖父)の邸宅跡
 へその緒を埋めた「胞衣塚」

【菅大臣神社へのアクセス】

 市バス 西洞院仏光寺 徒歩すぐ
 地下鉄 四条烏丸駅 徒歩約5分
 阪急電車 四条駅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク