板列八幡神社(いたなみはちまんじんじゃ)(ItanamiHachimanJinjya)

所在地:京都府与謝郡岩滝町男山   地図情報

祭神:誉田別命(ほむたわけのみこと)(応神天皇)・
   息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)・
   稲乃賣神(いなのねのかみ)

社格式内社官幣小社・村社

 板列八幡神社(いたなみはちまんじんじゃ)は、天橋立阿蘇海の東側、与謝郡男山にある小さな神社

 宮津市の元伊勢 籠神社から約2kmほど西にある

【板列八幡神社の歴史・経緯】




【板列八幡神社の境内】

 ふもとの道に立つ鳥居から、男山へ登る参道の石階段が続く
 境内からは、天橋立の「一字観」と阿蘇海が一望できる

 <本社>
 神明造
 1834年(皇紀2494)天保5年
 現在の社殿が修復される

 <拝殿>
 <幣殿>



【板列八幡神社の末社】

 <少彦名神社>
 祭神:少彦名命
 末社舎の一番右にある

 <竈神社>
 祭神:火産霊神(ほむすびのかみ)・興津彦命(おきつひこのみこと)・興津姫命(おきつひめのみこと)
 末社舎の少彦名神社の左にある

 <中津彦神社>
 祭神:中津彦命(なかつひこのみこと)
 末社舎の竈神社の左にある

 <加舞満久神社>
 祭神:稚産霊神(わかむすびのかみ)
 末社舎の一番左に、稲荷神社と一緒にある

 <稲荷神社>
 祭神:保食命(うけもちのみこと)
 末社舎の一番左に、加舞満久神社と一緒にある

 <宇佐神社>
 祭神:宇佐大神(うさのおおかみ)
 末社舎の稲荷神社の右にある

 <瑞若宮神社>
 祭神:安良彦霊神(あらひこのみたまのかみ)・平良姫霊神(ひらひめみたまのかみ)

 <高良神社>
 祭神:武内宿禰(たけのうちすくね)

 <三田神社>
 祭神:三田霊神(みたのみたまのかみ)

 <猿田彦神社>
 祭神:猿田彦大神



【板列八幡神社の文化財】

 <木造 女神坐像2躯(重要文化財)>
 息長足姫命と仲津姫命とされる

 <神鏡>

【板列八幡神社の祭事】

 <節分祭> 2月節分
 <例祭> 5月1日・2日
 <新嘗祭> 12月15日

【板列八幡神社へのアクセス】

 天橋立駅から車 約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク