土宮(つちのみや)

伊勢神宮 豊受大神宮(外宮)の別宮

所在地:三重県伊勢市豊川町   地図情報

祭神:大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)

社格:無社格・豊受大神宮別宮

 土宮(つちのみや)は、伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の境内別宮

 外宮正宮の南の檜尾山(ひのきおやま)の麓にあり、正宮から御池の真向かいの杉木立の中に立つ

 別宮とは正宮の「わけみや」の意味で、正宮に次ぎ尊いとされ、外宮の4つの別宮の中では、
土宮は多賀宮に次ぎ古く、多賀宮月夜見宮に次ぎ3位とされる

【土宮の歴史・経緯】


【土宮の祭神】

 <大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)>
 外宮のある山田原の地主の神

 現在の伊勢市の西を流れる宮川は、治水技術もが発達していない当時、氾濫が頻繁に起こっていたといわれ
洪水になれば、外宮の祭祀にも支障をきたす場合があり、宮川治水・堤防の守護神とされる

【土宮の境内】

 外宮正宮の南方の檜尾山(ひのきおやま)の麓にある

 正宮前の御池の亀石を渡った先の石段の左に風宮が、右に土宮がある

 <本殿>
 外宮に準じた様式
 萱葺・神明造・外削の千木・奇数の5本の鰹木を持つ

 神宮の宮域の他の別宮は鳥居を持たず南面しているが、土宮だけは鳥居を持ち東面している

 1135年(皇紀1795)保延元年
 別宮となり造営されるときに、朝廷において、南面とするかどうか十分検討され御卜まで行われたといわれる
 結果、外宮創建以前からの形態を継承することとされる

 <古殿地>
 遷宮のための敷地
 通常は東西に並ぶが、土宮は南北に近い

 <亀石>
 正宮から別宮へ向かうときの御池の川のかかる橋
 一枚岩で、亀に似ている
 高倉山の天岩戸の入口の岩を運んできたものといわれる

【土宮の祭事】

 外宮正宮に準じた祭事が行なわれる

 祈年祭・月次祭・神嘗祭・新嘗祭のときには、皇室からの幣帛(へいはく)がある
 ただし、勅使は正宮と多賀宮のみに参行し、土宮には参行されない

 <山口祭>
 式年遷宮の最初の祭事
 新社殿の用材を切り出すにあたって「山の口に坐す神」に安全を祈願する祭事
 御杣山であった高倉山の山口に当たる土宮の前の庭で行われる

【土宮へのアクセス】

 近鉄電車・JR東海 伊勢市駅 徒歩約10分
 近鉄電車 宇治山田駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク