多賀宮(たかのみや)(TakanoMiya)

伊勢神宮 豊受大神宮(外宮)の別宮

所在地:三重県伊勢市豊川町   地図情報

祭神:豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみのあらみたま)

社格式内社・豊受大神宮別宮

旧称:高宮(たかのみや)

 多賀宮(たかのみや)は、伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の境内別宮

 正宮前の御池からの川にかけられている亀石を渡り、正面の檜尾山への98段の石階を上がったところにある

 別宮とは正宮の「わけみや」の意味があり、正宮に次ぎ尊いとされ、外宮の第一別宮とされる

【多賀宮の歴史・経緯】


【多賀宮の祭神】

 <豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみのあらみたま)>
 外宮の祭神の豊受大御神の荒御魂(あらみたま)が祀られている
 神さんの御魂(みたま)の穏やかな姿を「和御魂(にぎみたま)」、大きな神威を現される姿を「荒御魂」と崇敬される

 豊受大神宮(外宮)の第一別宮とされる
 外宮には、多賀宮・月夜見宮土宮風宮の4宮があるが、多賀宮がもっとも古く、
多賀宮だけが「止由気宮儀式帳」と「延喜式神名帳」ともに記されている
 (他の3宮は後年、宮号宣下により別宮に列せられた)

 式年遷宮では、正宮に引き続き斎行され
 勅使参向のときには、正宮での神事の後、ただちに幣帛が奉られる

【多賀宮の宮域】

 多賀宮は、豊受大神宮(外宮)正宮の南の檜尾山(ひのきおやま)にある

 正宮前の御池の横の亀石を過ぎ、土宮風宮の間にある石段を98段登ったところに本殿がある

 <本殿>
 外宮に準じた様式
 萱葺・神明造・外削の千木・奇数の5本の鰹木を持つ
 南面している

 <古殿地>
 遷宮のための新御敷地は東西に隣接している

 <多賀宮遥拝所>
 足腰が悪く別宮がある丘に登れない者のために、御池のほとりに遥拝所が設けられている

 <忌火屋殿跡>
 多賀宮専用の忌火屋殿があったが、明治時代に廃止された

 <亀石>
 正宮から別宮へ向かうときの御池の川のかかる橋
 一枚岩で、亀に似ている
 高倉山の天岩戸の入口の岩を運んできたものといわれる

【多賀宮の祭事】

 外宮正宮に準じた祭事が行なわれる

 祈年祭・月次祭・神嘗祭・新嘗祭では、皇室からの幣帛(へいはく)があり、
勅使は正宮に続き、外宮の別宮のうち多賀宮のみに参行される

 <祈年祭(きねんさい)>
 2月17日〜23日
 神饌を奉納し五穀の豊かな稔りをお祈りする大御饌の儀と、勅使が参向して奉仕される奉幣の儀の2つの神事

 <月次祭(つきなみさい)春>
 神嘗祭とともに「三節祭」と称され、最も重要な祭事の一つ
 6月15日 22時から外宮
 6月16日 2時から外宮、22時から内宮
 6月17日 2時から内宮
 25日まで別宮・摂社・末社・所管社で行われる

 <神嘗祭(かんなめさい)>
 最も重要な祭事の一つ
 10月15日 17時から内宮で御卜
 10月16日 12時から外宮で奉幣の儀
 10月17日 12時から内宮で奉幣の儀

 <新嘗祭(にいなめさい)>
 11月23日から29日
 宮中で天皇が新穀を神々に奉られ、また自らもお召しあがられる大儀が行われるに際して、
神宮へ勅使を派遣されて、奉幣の儀が行われる

 <月次祭(つきなみさい)冬>
 神嘗祭とともに「三節祭」と称され、最も重要な祭事の一つ
 12月15日 22時から外宮
 12月16日 2時から外宮、22時から内宮
 12月17日 2時から内宮
 25日まで別宮・摂社・末社・所管社で行われる

 <年越大祓>
 12月31日

【多賀宮へのアクセス】

 近鉄電車・JR東海 伊勢市駅 徒歩約10分
 近鉄電車 宇治山田駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク