新熊野神社(いまくまのじんじゃ)(ImakumanoJinjya)

所在地:京都市東山区今熊野椥ノ森町   地図情報

祭神:伊弉冉尊
配神:伊弉諾尊天照大御神、速玉男、事解男尊

創建:後白河上皇の勅命により平清盛

通称:権現さん(ごんげんさん)

京都十六社朱印めぐりの一つ
 新熊野神社(いまくまのじんじゃ)は、京都三熊野社の一つ(新熊野神社、熊野神社熊野若王子神社

 東大路通に今熊野に建ち、巨大な楠(クスノキ)が目印

 高倉天皇が中宮徳子(建礼門院)のために安産祈願をした神社とし、「安産の神様」として信仰を集めている



【新熊野神社の歴史・経緯】




【新熊野神社の境内】

 狭い境内に、上・中・下に各四社の十二社が祀られている

 <本殿(京都市重要文化財)>
 1673年(皇紀2333)寛文13年
 聖護院道寛親王により再建される
 1835年(皇紀2495)天保6年
 大改修が行われ
 現在の本殿は、この時に、賀茂御祖神社(下鴨神社)の式年造営後に下付されたもの

 <大樟(おおくすのき)(京都市指定天然記念物
 新熊野神社の目印にもなっている巨大な楠(クスノキ)
 「影向(ようごう)の大樟さん(くすのきさん)」「大樟大権現」
 1160年(皇紀1820)永暦元年の創建時に
 和歌山県の熊野から土砂などが運ばれ移植されたもので、後白河上皇のお手植といわれる
 熊野の神々が降り立つ「影向(ようごう)の大樟さん」と称される
 後白河上皇がわずらっていたお腹の病が治まったいわれから、「お腹の神様」として信仰されている

 <樟龍辧財天>
 大樟さんが祀られている

 <大樟さんのさすり木>
 樟龍辧財天に置かれている

 <梛の木(なぎのき)>
 新熊野神社の神木
 梛の木は、簡単には切れにくいことから、縁結びの樹とされ、二つ仲良く並ぶことから夫婦円満の樹といわれている
 梛の木には、災い、病魔、汚れをナギ祓う霊験があると信仰されている
 藤原定家の歌、「千早振る遠つ神代の椥の葉を切りに切りても祓いつるかな」
 新熊野神社が立つ地名「椥ノ森町」ともなっている

 1980年(皇紀2640)昭和55年3月17日
 満二十歳になられた浩宮徳仁親王が、樹齢20年の梛の木を植樹された

 <結の社(むすびのしゃ)・速玉の社(はやたまのしゃ)>
 祭神:ハヤタマノオノミコト(伊邪那岐命)、ヨモツコトサカノイノミコト(伊邪那美命
 祭神は、現世の清浄無厄を守るハヤタマノオノミコトと、現世からの罪穢れを祓い清めるヨモツコトサカノイノミコト
 現世とあの世を守る熊野信仰の中心となる神々

 <中四社>
 祭神:アメノオシホミミノミコト(天照大御神の御子神)、邇邇芸命(天孫降臨の神)、ヒコホホデミノミコト、ウガヤフキアエズノミコト
 皇祖 天照大御神から第一代 神武天皇にいたるまでの神代4代の皇祖が祀られている

 <下四社>
 祭神:ハニヤマヒメノカミ(土の神)、カグツチノカミ(火の神)、ミズハノメノカミ(水の神)、ワクムスビノカミ(五穀養蚕の神)
 生活の源泉と産業を守護される神々が祀られている

 <若宮の社>
 祭神:天照大御神、クニノトコダチノキミ(天地創造の神世第一代の神)
 結の社・速玉の社・速玉の社の4社を「上四社」と称される


【新熊野神社の文化財】

 <八咫烏(やたがらす)の絵馬>
 梛(なぎ)の枝をくわえた八咫烏
 八咫烏は、神話の中では神武天皇が熊野の山中で遭難をしかかった時に、路を導いたといわれる三本足の鳥
 (八咫烏は、日本サッカー協会のシンボルマークにもなっている)





【新熊野神社の祭事】

 <歳旦祭> 1月1日
 <成人祭 左義長祭> 1月14日
 <節分祭> 2月2日〜3日
 <紀元祭> 2月11日
 <神幸祭> 4月29日

 <新熊野祭>
 5月5日
 鳳輦巡行
 子供鼓笛隊、稚児武者列、子供奴連、子供みこし、獅子舞など
 縁深い今熊野観音寺の「御法楽」奉修の儀

 <大祓式>
 6月30日
 夏越祓、茅の輪くぐり

 <祖霊祭> 8月15日
 <大樟祭> 9月25日

 <大樟祭>
 10月15日
 茅の輪くぐり

 <例大祭 鎮座記念大祭> 10月16日
 <火焚祭> 11月20日
 <天長祭 つなかけ祭> 12月23日
 <除夜祭> 12月31日

【その他】

 <能楽大成機縁の地>
 1374年(皇紀2034)文中3年/応安7年
 観世清次が、大和の猿楽 結城座を率いて「今熊野勧進猿楽」と称される勧進興行を行ったところ
 見物していた室町幕府第三代将軍 足利義満が、その至芸に感激して、観世清次と息子 藤若丸(後の世阿弥)を同朋衆に加え、
観阿弥」「世阿弥」と名乗らせたといわれる

【新熊野神社へのアクセス】

 市バス 今熊野 徒歩約3分
 京阪電車 七条大橋 徒歩約15分
 京阪電車 東福寺 徒歩約15分


【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク