稗田野神社(ひえだのじんじゃ)(HeidanoJinjya)


所在地:亀岡市稗田野町佐伯垣内   地図情報

祭神:保食命(うけもちのみこと)、大山祗命(おおやまずみのみこと)、野椎命(のづちのみこと)

社格延喜式式内社(国幣小社)、郷社

ご利益:癌封じ、五穀豊穣、商売繁盛、無病息災、延命長寿、知恵、美人

文化財環境保全地区

 稗田野神社(ひえだのじんじゃ)は、亀岡市にある、約3000年程前から祀られていたとされる神社

 古くから、婦人の守り神、癌封じの神として信仰されている


【稗田野神社の歴史・経緯】


【稗田野神社の祭神】

 三柱の御祭神のうち、二柱が女神

 <保食命(うけもちのみこと)>
 穀物の起源神
 五穀豊穣、食を司る女神
 伊勢神宮豊受大神宮(外宮)に祀られる豊受大御神と異名同神

 <大山祗命(おおやまずみのみこと)>
 山を司る神
 日本最長寿の岩長姫、日本最美人の木花咲耶姫命の父神
 婦人の守り神とされる

 <野椎命(のづちのみこと)>
 野を司る神
 田畑の作物を守護する女神



【稗田野神社の境内】

 <本殿>
 1990年(皇紀2650)平成2年
 江戸時代中期の社殿(京都府登録文化財)を全焼
 1992年(皇紀2652)平成4年
 室町時代の簡素な様式に、平成の趣をくわえた様式の社殿が設計され再建される

 <石の環くぐり>
 願い事をハッキリと強く念じながらくぐると、万物を産み成す産霊神(むすひのかみ)のご神徳を得て、
願い事をかなえるための気力を授かるという石の環

 <大鳥居>
 1970年(皇紀2630)昭和45年
 京都において平安神宮に次ぐ大鳥居として建立される
 高さ、約13m

 <摂社 春日神社>
 奈良 春日大社より勧請された建御雷之男神、天児屋根命が祀られている

 <摂社 恵比須神社>
 大阪 今宮戒神社より勧請された事代主神えびす神と習合)が祀られている

 <摂社 稲荷神社>
 伏見稲荷大社より勧請された宇迦之御魂神が祀られている

 <京式八角石燈籠>
 神殿の南側堀内にある
 源義経により奉納されたといわれる燈籠
 鎌倉時代の作

 <円形本殿礎石>
 本殿の礎石だった貴重な礎石
 鎌倉時代の作

 <健康の庭・長寿の滝>
 亀岡市名水が、神殿の中を潜り、霊験あらたかな長寿の御幸水となって滝の口から噴出している

 <和銅禊の池>
 創設当時、里人が、この池に禊ぎをして豊作と無病息災を祈願したといわれる池
 現在でも、手を浸けて禊ぎをされている

 <必勝願掛け石>
 意欲と気力を授かる石
 石に両手をあてて願掛けする事により、石に秘められた気力が得られるといわれる

 <御神木>
 樹齢1000年以上といわれている3本の檜の古木
 鎮守の森には、檜や、杉、樫の木、榊などの木も生茂っている

 <土盛り>
 鎮守の森の中央の土盛り
 約3000年程前の弥生時代に、祭祀されていた跡といわれる

【稗田野神社の祭事】

 <月次祭(つきなみさい)>
 毎月1日午前7時より

 <歳旦祭> 1月1日
 <節分祭・除厄祭> 2月3日
 <祈年祭> 3月6日
 <癌封治祭> 5月3日
 <大祓> 6月30日

 <丹波佐伯郷燈籠祭(たんばさえきとうろうまつり)(無形民俗文化財記録保存)>
 8月14日
 付近の神社と四社合同で行われる、お盆の精霊送りと五穀豊穣祈願が合わさった珍しい祭
 国の無形民俗文化財記録保存として登録され、京都府の無形文化財として指定されている

 鎌倉時代初期
 1229年(皇紀1889)寛喜元年
 後堀河天皇から賜った五基の神燈籠と、神輿の追いかけっこ(燈籠追い)、
 神輿と大太鼓の掛け合い(太鼓掛け)などの勇壮な神事、
 台燈籠で、背丈30cmほどの日本最小の串人形(京人形)の人形浄瑠璃による歌舞伎の演劇などが行われる
 江戸時代中期以降に、丹波の大祭となる

 かつて、「宇治の県(うじのあがた)は男が通う 男寝て待て女が通う 丹波佐伯郷(たんばさえき)の燈籠まつり」といわれた、
「女の夜這いの祭り」であったといわれる
 (「宇治の県」とは、縣神社のこと)

 7月初旬より祭の準備が行われ、
 宮司により、五穀の種子を苗代に播き、五穀の苗が発芽させる
 この実生の苗が、御祭神「保食命」の分け御霊(わけみたま)として、祭礼の中心となる

 <例祭> 10月23日
 <七五三参り> 11月15日
 <ゑびす祭> 11月20日
 <お火焚祭> 12月15日
 <大祓> 12月31日

【その他】

 <癌封治瘤の樹>
 古くより、樫の木には、悪病を吸い取る霊木といわれ、コブや吹き出物を取るなどといわれる
 また、悪しき物を吸い取るという事から、不幸や災いを吸い取るともいわれ、
近世では、癌(ガン)を吸い取ると信仰されている
 癌にかかった樫の木のコブを一心に撫でることにより、悪病・癌病を封じてくれるといわれる

【稗田野神社へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅より
 京阪京都交通バス 約20分 「佐伯」下車 徒歩約3分

 京都縦貫道 亀岡ICより 車で約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク