白山神社(はくさんじんじゃ)(HakusanJinjya)

所在地:京都市中京区麸屋町通押小路下ル橘町   地図情報

祭神:菊理比売(きくりひめ)[別名:白山媛命(しろやまひめのみこと)]

配祀:伊弉諾尊伊弉冉尊

社格:一般神社

ご利益:歯痛平癒

 白山神社(はくさんじんじゃ)は、歯痛平癒の神として信仰を集めており、神箸が授与される

 祭神の菊理媛命(きくりひめ)は、「くくる」が「結び」につながることから、縁結びの神さまとして親しまれる

【白山神社の歴史・経緯】



【白山神社の境内】

 <本殿>
 加賀一の宮の神輿1基を祀ったもの
 他の2基は、八坂神社に運ばれたといわれる

 <摂社>
 白菊稲荷大明神
 天満宮社
 猿田彦社

 <ツクバネガシ>
 社殿の裏にある小高い古墳様の丘に立つ巨木
 樹高18m、幹周7.9m
 根元から2本に分かれて伸びている
 根元の空洞には、白山神社の使いであるヘビが住んでいたといわれる
 京都の自然200選の一つ


【白山神社の祭事】

 <例祭> 9月19日

【その他】

 <白山神社(はくさんじんじゃ)>
 石川県白山市の白山比盗_社を総本社として、日本全国に2700社程ある
 白山の神を祀る神社で、
 祭神は、菊理媛神(白山比盗_)・伊弉諾尊伊弉冉尊の三柱としているものが多い
 古くから比叡山天台宗と関係があり、天台宗の普及とともに全国に勧請された

【白山神社へのアクセス】

 地下鉄 京都市役所前 西200m


【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第9回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク