道祖神社(どうそじんじゃ)(DousoJinjya)


所在地:京都市下京区油小路塩小路下ル南不動堂町   地図情報

祭神:猿田彦大神天鈿女命

ご利益:縁結び、交通安全

 道祖神社(どうそじんじゃ)は、京都駅の西北の大通りにはさまれた小路に、ビルと町家が共存して建ち並ぶ中にある神社
 隣には、不動堂明王院がある

【道祖神社の歴史・経緯】


【道祖神社の祭神】

 猿田彦大神は、瓊瓊杵尊の天孫降臨のときに、
道案内をしたことから、道の神・旅人の神さまとされる

 天鈿女命は、天照大御神が天岩戸に隠れて世界が暗闇になったとき、
岩戸の前で踊り披露して天照大御神を誘い出した芸能の女神で、
瓊瓊杵尊の天孫降臨のときに、随伴して天降りした

 猿田彦大神天鈿女命は、天孫降臨をキッカケに結ばれ、
集落や村の境界や、道の辻などに祀られる道祖神(どうそしん)として、
村の守り神・子孫繁栄・交通安全の神として信仰される


【道祖神社の境内】

 <社殿>
 拝殿・本殿が、鳥居をくぐって正面の階段を登った上にある

 <道祖神の石像>
 旅人の安全を守る神として信仰されている

 <手水舎>

 <末社>
 左から幸神社・稲荷社・書聖天満宮と並ぶ
 書聖天満宮は、洛陽二十五社の一つ


【道祖神社へのアクセス】

 京都駅から徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク