愛宕神社(あたごじんじゃ)(AtagoJinjya)


所在地:亀岡市千歳町国分南山ノロ   地図情報

祭神:軻遇突智神(火産霊神)・伊邪那美神大国主神

社格延喜式式内社

通称:元愛宕、愛宕の本宮

 愛宕神社(あたごじんじゃ)は、亀岡市の東部、牛松山のふもとにたつ

 京都市の愛宕山山頂にある愛宕神社の元とされる神社で、「元愛宕」と称される

 周りの森林には、ムササビが生息している
 「京都の自然200選」にも選ばれている


【愛宕神社の歴史・経緯】




【愛宕神社の境内】

 <本殿(重要文化財)>
 鎌倉時代後期の建立
 左右には、檻に入れられた猿が守護している

 <モミの木(亀岡の名木)>
 マツ科・常緑高木
 樹高33m、幹周3.6m
 材木は、淡黄白色で、美しく彫刻・建築材・家具・太鼓・桶などに用いられる

 <スギの木(亀岡の名木)>
 スギ科・常緑高木の神木
 樹高29m、幹周5.1m
 樹齢1,000年といわれる巨木で「千年杉」と称される
 木の虚(うろ)には、ムササビが生息している
 材木は、美しく彫刻・建築材・船舶材・家具・桶などに用いられる

 <イヌマキの木(亀岡の名木)>
 マキ科・常緑高木
 樹高19m、幹周2.7m
 庭木としてよく植えられたり、生垣に用いられる
 材木は、水湿に強く、屋根板・桶・棺・下駄などに用いられる

 <八幡宮>
 天平年間(729年〜749年)
 宇佐八幡宮から分霊して国分寺境内に守護神として祀られたもの
 1835年(皇紀2495)天保6年
 国分寺が荒廃し、村の有志により、愛宕神社に遷して祀られる



【その他】

 <愛宕の三つ参り>
 京都市の愛宕神社と同様、火除けにご利益があり、3歳までにお参りすると、一生、火災に遭わないといわれる

【愛宕神社へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から
 京阪京都交通バス 15分 「国分」下車 徒歩約10分

 亀岡駅から車で約15分
 駐車場あり

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク