明治維新の京都(めいじいしん)(Meiji Isin)

時期:1868年(皇紀2528)慶応4年〜1871年(皇紀2531)明治4年頃

幕末維新による幕藩体制の崩壊から、明治新政府の体制確立まで
新政府による一連の改革をいう

別称:御一新

 明治維新(めいじいしん)では、大政奉還・王政復古・廃藩置県・改暦・宗教政策改革などが行われ「御一新」と称された

 王政復古以降の政権を「明治政府(めいじせいふ)」「新政府(しんせいふ)」などと称され、
明治政府により、日本を、短期間でアジアで最初の西洋的な近代国家へと変貌させた

 京都では、幕末からの復興のために京都近代化政策が行われる

【明治維新の歴史・経緯】


京都近代化政策

 第2代京都府知事にもなった槇村正直や、山本覚馬明石博高らによって京都近代化政策が推進される

 1869年(皇紀2529)明治2年
 西陣織の発展のための西陣物産会社が設立される
 機織機のフランス式ジャガード機が導入され技術革新が行われる

 1871年(皇紀2531)明治4年
 勧業場が設置され、欧米の新技術が導入される
 京都博覧会が開催される

 1872年(皇紀2532)明治5年
 新英学校女紅場が開校し、女子教育の基礎となる

【町組の再編】

 戦国時代中期から
 京都の町々は、連合組織である「町組」を作り、自治的な運営がされていた

 上京は、33町組、下京は32町組(後に33町組)に再編成された
 これまでの町組には、固有名詞が付けられていたが、新しい町組には、番号数字が付けられた

 1869年(皇紀2529)明治2年
 新しい町組ごとに小学校が設立される
 運営資金は、市民が提供した基立金により設立された小学校会社が受け持った
 小学校にも固有名詞ではなく、番号数字が付けられ「番組(ばんぐみ)小学校」と称せられる
 上京第28番町組と第29番町組、下京第22番町組と第32番町組が、協立校を設立したため、全部で64校となった

【改暦】

 1873年(皇紀2533)明治6年1月1日
 天保暦(旧暦)から、グレゴリオ暦に改正される

 このため、1872年(皇紀2532)明治5年は、12月2日までしかない

【宗教政策の改革】

 <祭政一致>
 1868年(皇紀2528)明治元年
 職制の七科の中で、神祗が筆頭に置かれ、「祭政一致」とされる

 <神仏分離令>
 1868年(皇紀2528)明治元年
 神仏分離令が布かれ、仏教も外来宗教ということで廃仏毀釈が行われ弾圧される

 <キリスト教禁制>
 1873年(皇紀2533)明治6年2月24日
 欧米諸国の非難にあい、キリスト教の禁制が解かれる
 それまで、教徒の強制移住などが行われていた

【ゆかりの人物】

 <維新三傑>
 桂小五郎
 西郷隆盛
 大久保利通

 <明石博高
 <岩倉具視
 <三条実美
 <西園寺公望
 <島津久光
 <高木文平
 <松本重太郎
 <山縣有朋
 <山脇東洋


【京都検定 第1回3級】

39.西陣織について、次のことは正しいかどうか?
(ウ)明治時代初期には、いちはやくイギリスからジャガード機械織機を輸入した

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第8回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク