鎌倉時代(かまくらじだい)(KamakuraJidai)

年代:1192年(皇紀1852)建久3年〜1333年(皇紀1993)元弘3年/正慶2年

1192年(皇紀1852)建久3年に、源頼朝が、鎌倉幕府を開き、
1333年(皇紀1993)元弘3年/正慶2年に、鎌倉幕府が滅亡し、後醍醐天皇が親政を開始するまでの時代

【鎌倉時代の歴史・経緯】


【鎌倉時代の政治】

 <承久の乱(じょうきゅうのらん)
 1221年(皇紀1881)承久3年
 後鳥羽上皇が、鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れる

 <六波羅探題(ろくはらたんだい)
 源頼朝は、平氏政権の基盤であった六波羅の地を接収し、京都での拠点を置き、
 王朝政府の監視と、洛中の警護にあたる
 さらに、西日本全体の成敗権を行使し、「小鎌倉幕府」ともいわれる

 承久の乱後鳥羽上皇方に加担した公家や武士などの所領が没収され、御家人に恩賞として再分配された

 それまで幕府の支配下になかった荘園にも地頭が置かれ、「新補地頭」と称され
 以前に幕府の支配下にあった土地に置かれた地頭は、「本補地頭」と称される

 <篝屋(かがりや)
 1238年(皇紀1898)嘉禎4年
 六波羅探題が、洛中の辻々48ヶ所に治安を目的に篝屋(かがりや)を設置する

 <検非違使庁
 王朝政府により「令外官(りょうげのかん)」として設置されており、治安警護として機能していた
 のちに検非違使は、民事から行政まで関与し、人々から強い信頼を得ていた

【主な人物】

 <足利尊氏
 <九条道家
 <後鳥羽上皇
 <源頼朝
 <楠木正成

【その他】

 <承元の法難
 後鳥羽上皇による、法然上人が率いる専修念仏に対する処分事件

 <油座
 離宮八幡宮の神人により、荏胡麻油の原材料の仕入・製油・流通・販売を独占的に行っていた組織


【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第9回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク