幕末維新(ばくまついしん)(BakumatsuIshin)

年代:1853年(皇紀2513)嘉永6年〜1868年(皇紀2528)慶応4年/明治元年

 幕末維新(ばくまついしん)は、
 1853年(皇紀2513)嘉永6年6月、マシュー・ペリー率いるアメリカの黒船艦隊の来航から、
 1866年(皇紀2526)慶応2年10月3日、二条城にて大政奉還が行われ、
 1868年(皇紀2528)慶応4年/明治元年、戊辰戦争により江戸幕府勢力が一掃され、「明治」と改元されるまで

 京都には、全国から、勤皇と佐幕、開国と攘夷と、それぞれの熱き思いを持った志士たちが集まり、
論議・壮絶な争いを繰り返し、新しい政治勢力を生み出させた

【幕末維新における思想】

 ペリー艦隊来航に影響され
 「攘夷論」「開国論」に、「尊王論」「倒幕論」「佐幕論」などが加わり政治的意見が飛び交い、
それを巡って暗殺まで横行した

 <尊皇攘夷>
 諸外国に立ち向かい、天皇を中心として権力体制を強化しようとした
 「尊攘派」と略される
 土佐藩長州藩、薩摩藩の一部藩士、過激派公卿が倒幕を目指していた

 <尊皇(尊王)>
 天皇を中心とした権力の強化を図った新体制を目指したもの
 倒幕による新体制を目指していたのではなく、幕藩体制強化のために天皇の存在を利用しようとした動きもあった

 <攘夷>
 開国や貿易を迫ってくる夷(い)を討ち攘(はら)うこと

 <開国論>
 国を解放して、欧米諸国の先進的な思想・技術を取り入れることで、発展を図ろうとするもの

 <公武合体>
 公家(朝廷)の伝統的な権威と、武家(江戸幕府)を結びつけて、幕藩体制の強化を図ろうとするもの
 岩倉具視、薩摩藩らが、公武合体を目指していた

 <佐幕>
 江戸幕府による幕藩体制の強化を図ろうとするもの
 新選組会津藩土佐藩などが、江戸幕府を支持していた

【幕末維新の歴史・経緯】

 <ペリー艦隊来航>
 1853年(皇紀2513)嘉永6年6月
 アメリカ合衆国が派遣したペリー提督率いる4隻の黒船が浦賀沖に来航し、大統領国書により江戸幕府に開国を迫る
 翌年正月
 再来したペリー艦隊に再び開国を要求され、全権を与えられた林復斎らにより日米和親条約が締結される
 さらに、アメリカは、ハリスを下田に派遣し、通商条約の締結を求めた
 幕府は、「通商条約の締結にあたっては朝廷の勅許が必要である」と苦しまぎれの対応をしたことから、
それまで政治の場から遠ざかっていた京都が一気に表舞台に立たされることになる
 江戸幕府が、諸藩に対して開国の是非を諮問したため、諸大名や諸藩の家臣たちが続々と京都へ入洛してくる
 老中首座となった堀田正睦は、京都において関白 九条尚忠を通じて孝明天皇の勅許を求めたが、得られなかった

 <将軍継嗣問題>
 江戸幕府13代将軍 徳川家定は、病弱で子供がなく、将軍の継嗣をめぐって、
紀州藩主 徳川慶福を推す南紀派と、一橋徳川家当主 徳川慶喜を推す一橋派が激しく対立し、
江戸・京都において政治工作が熾烈化した
 一橋派の橋本左内(越前藩士)・西郷隆盛(薩摩藩士)、南紀派の長野義言(彦根藩士)などの武士が活躍した
 島津斉彬は、解決を図るために率兵上京を試みるが、決行の直前に病により急死した

 <京都守護職
 江戸幕府は、京都の治安を維持する名目で京都守護職会津藩藩主の松平容保を任命し、
 その本陣を金戒光明寺に置いた

 <浪士組(ろうしぐみ)
 1862年(皇紀2522)文久2年
 浪士組(ろうしぐみ)が、将軍 徳川家茂の上洛に際する露払いとして、京都の治安を維持する名目で江戸幕府により結成される

 <新選組
 浪士組が京都を離れたあと、
近藤勇、土方歳三を中心とする試衛館派と、芹沢鴨を中心とする水戸派は、 あくまでも将軍警護のための京都残留を主張し、
金戒光明寺に本陣を置く京都守護職であった会津藩藩主の松平容保に配下に置かれ、
京都に潜伏する過激派尊皇攘夷論者の取り締まりや、京都の治安維持を目的に活動した
 大政奉還後は、旧幕府軍の一員として戊辰戦争を戦った

 <寺田屋事件
 は、伏見区南浜町にある元船宿
 1862年(皇紀2522)文久2年4月23日
 公武合体を進める尊皇派薩摩藩の島津久光(薩摩藩主の父親)が、過激な同藩尊皇派の同士を粛清した事件

 <八月十八日の政変
 1863年(皇紀2523)文久3年8月18日
 会津藩、薩摩藩などの公武合体派が、
尊皇攘夷派の長州藩や過激派公家などを京都の政治の中枢から追放した宮中クーデタ

 <京都見廻組
 1864年(皇紀2524)元治元年4月
 江戸幕府により、京都の治安を維持するための役職として京都見廻役と京都見廻組が創設される
 京都守護職会津藩藩主 松平容保の配下として、蒔田廣孝と松平康正が京都見廻役に任命される
 主に御所二条城周辺の官庁街を管轄とし、新選組は祇園や三条通などの町人街、歓楽街を管轄とした

 <枡屋事件
 枡屋は、西木屋町四条小橋上ル真町の炭薪商
 1864年(皇紀2524)元治元年6月5日
 長州藩など倒幕派にアジトを提供していた枡屋の古高俊太郎が、新選組らに捜索を受け逮捕された事件

 <池田屋騒動
 池田屋は、三条小橋の旅籠
 1864年(皇紀2524)元治元年6月5日
 池田屋で古高俊太郎の奪還の会合のために潜伏していた長州藩の尊皇攘夷過激派を新選組が襲撃し、
多数の死傷者と逮捕者を出した

 この池田屋騒動をきっかけに蛤御門の変(禁門の変)が引き起こされたといわれる

 <蛤御門の変(禁門の変)
 現在の京都御苑の西側に位置する蛤御門
 1864年(皇紀2524)元治元年7月19日
 池田屋騒動をきっかけに、打撃を受けた長州藩の強硬派が挙兵、
 約3000名の兵士が上洛し、蛤御門付近で御所を守る薩摩藩、会津藩藩士など幕府軍と激戦になる
 長州藩軍は敗戦し、京都の市街地の約半分が焼失してしまった(「どんどん焼け」「鉄砲焼け」といわれる)

 <寺田屋事件
 伏見区南浜町にある元船宿の寺田屋
 1866年(皇紀2526)慶応2年1月23日
 寺田屋に宿泊していた坂本龍馬を、幕吏(伏見奉行配下の捕り方)が襲撃する
 坂本龍馬は、の養女のお龍(後に坂本龍馬の妻となる)の機転により、危うく何を逃れ、
しばらくの間、西郷隆盛の勧めで鹿児島に潜伏することになる

 <大政奉還
 1867年(皇紀2527)慶応3年10月3日
 土佐藩が、徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出し、徳川慶喜二条城会議で大政奉還の上奏文の提出を決定した
 同年10月14日
 江戸幕府征夷大将軍 徳川慶喜が朝廷(天皇)に、二条城にて大政(統治権)と征夷大将軍職の返上を申し出る
 朝廷が上奏文を許可することで大政奉還が成立した

 徳川慶喜は、朝廷や公家には政権能力がなく、いずれまた徳川家に政権が信任されるか実権を握れると徳川政権の再構築を考えていた

 <近江屋事件(おうみやじけん)
 河原町通蛸薬師(たこやくし)の醤油屋の近江屋(おおみや)
 1867年(皇紀2527)慶応3年11月15日
 薩長同盟と大政奉還の立役者だった土佐藩海援隊坂本龍馬と盟友 中岡慎太郎が、近江屋で京都見廻組の襲撃を受ける
 坂本龍馬は、そこで即死したといわれる
 (お墓には、翌16日に闘死と記されている)
 中岡慎太郎は、全身に刃傷を負い、数日後に死亡する
 四条河原町を上がった商店街の店先に「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地」の石碑が立っている

 <戊辰戦争(ぼしんせんそう)>
 1868年(皇紀2528)慶応4年(戊辰の年)
 薩摩藩・長州藩の出身者が主体となった明治新政府が、江戸幕府勢力を一掃した内戦

 <鳥羽・伏見の戦い(とば・ふしみのたたかい)
 1868年(皇紀2528)慶応4年1月3日〜6日
 京都南部の鳥羽・伏見で、旧幕府軍と新政府軍の戊辰戦争の発端となる戦いが起こる

 大政奉還をした徳川慶喜は、軍事的に京都の封鎖を試みる
 旧幕府軍の主力兵が鳥羽街道を進み、会津藩・桑名藩の藩兵、新選組などは伏見市街へ進み、そこで軍事的衝突が起こる
 旧幕府軍は、徳川慶喜の側近の老中の稲葉正邦の淀藩(伏見区)を頼って、淀城で建て直しを図ろうとする
 しかし、淀藩は、新政府と戦う意思がなく、城門を固く閉じ入城を拒まれた15,000人の幕府軍は5,000人の新政府軍に敗れてしまう
 5日、明治天皇が、仁和寺宮嘉彰親王に錦の御旗を与え、新政府軍が官軍となる
 これにより様子見をしていた諸藩が、新政府軍につき、旧幕府軍の劣勢が決定的になった
 大坂城にいた徳川慶喜は、大阪湾から幕府軍艦 開陽丸で江戸に退却していく

【主なゆかりの人物】

 <維新三傑>
 桂小五郎
 西郷隆盛
 大久保利通

 <その他>
 伊東甲子太郎
 岩倉具視
 坂本龍馬 海援隊
 三条実美
 島津久光
 武市瑞山
 徳川慶喜
 古高俊太郎
 松平容保
 村岡局
 村山たか女
 山南敬助

【主なゆかりの藩】

 亀山藩
 土佐藩
 薩摩藩
 長州藩
 会津藩


【京都検定 第1回3級】

6.京都守護職であった松平容保率いる会津藩が本陣とした寺院はどこか?

7.元治元年(1864年)、禁門の変(蛤御門の変)が勃発したきっかけとなった、新選組が襲撃した、尊皇攘夷派の長州藩藩士らが会合していた三条木屋町西入の旅籠はどこか?

坂本龍馬" class="pink"> 8.伏見区にある船宿である寺田屋で、幕吏に襲撃され、後に妻となるお龍の気転によって難を逃れたのは誰か?

9.慶応3年(1867年)、徳川慶喜が大政奉還を行ったところはどこか?

10.慶応4年(1868年)正月に始まった戌辰戦争の発端となったところはどこか?

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク