和気清麻呂(わけのきよまろ)(Kiyomaro Wake)

奈良時代末期から平安時代初期の貴族

生年:733年(皇紀1393)天平5年
没年:799年(皇紀1459)延暦18年2月21日
享年:67

父親:磐梨別乎麻呂(または平麻呂)
母親:不詳
姉:和気広虫(法均尼)
長男:和気広世

本姓:磐梨別(いわなしわけ)
改氏姓:藤野別真人、吉備藤野別真人、輔治能真人、和気宿禰、和気朝臣など

護王神社の祭神

官位:従三位(贈正三位、贈正一位)
官職:民部卿 兼 造宮大夫、美作国国造、備前国国造

出身:備前国(岡山県)
お墓:神護寺

 和気清麻呂(わけのきよまろ)は、奈良時代末期から平安時代初期の貴族

 桓武天皇平安京遷都を建言し、造宮大夫として平安京造りを推進した

【和気清麻呂の経緯】

【和気清麻呂のゆかりの地】

 <護王神社
 京都御所蛤御門の前にある
 祭神として祀られている
 狛犬の代わりに、和気清麻呂が流罪になったときに助けられたイノシシにちなみ「狛猪」が置かれている

 <神護寺
 唐門をくぐったところに和気公霊廟がある
 和気清麻呂と姉 和気広虫が祀られていた護王神社跡

【和気清麻呂の故事】

 <狛猪>
 「日本後紀」によると
 和気清麻呂が、怪僧 弓削道鏡が皇位を奪おうとした策略を暴いたことで恨みをかい、アキレス腱を切られ足の不自由な体で
大隅国(現在の鹿児島県)に流される
 その途中、宇佐八幡宮の近くで、弓削道鏡が送った刺客に襲われそうになるが、そこに300頭ものイノシシが現れて、
和気清麻呂を取り巻き護り、宇佐八幡宮に案内をしたという


【その他】

 <十円紙幣>
 勤皇の忠臣と見なされており、戦前には十円紙幣に肖像が印刷された
 肖像は想像によるもの


【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第6回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク