寺町通(てらまちどおり)(TeramachiDoori)

所在地:京都市北区・中京区・下京区(市街地中央部)   地図情報

北端:鞍馬口通
南端:五条通
延長:約4.6km

東隣:河原町通
西隣:御幸町通

平安京:東京極大路

 寺町通(てらまちどおり)は、京都市の市街地を南北に縦断する通りの一つ
 北は鞍馬口通から、南は五条通まで通じる約4.6kmの通り

 平安京の東端の南北路である「東京極大路」にあたる
 現在は、京都御所の東端の通りとなっている

 御池通から四条通の区間は、日中は車両進入禁止となり、河原町通、新京極の繁華街から一本入った歩行者の通りになっている

 四条通から高辻通にかけては、小規模な電気街になっており、「京都の秋葉原」とか「京都の日本橋」と称される通りである

【寺町通の歴史・経緯】






【寺町通の通りの見所】

 <商店街>
 丸太町通から二条通までの区間は、古美術店や画廊、古書店などが並ぶ「寺町会」の商店街
 御池通から三条通までの区間は、アーケードの「寺町商店街」
 三条通から四条通までは、新京極と平行してアーケードのある「寺町京極商店街」
 四条通から高辻通にかけては、電気店などが並ぶ「寺町電気街」

 <矢田寺
 <上善寺
 <上御霊神社
 <本満寺
 <本禅寺>
 <清浄華院
 <廬山寺
 <京都御苑京都御所
 <梨木神社
 <鴨沂高等学校

 <京都市歴史資料館
 数多くの京都関係の書籍や古文書の写真版などが収蔵されている

 <新島襄旧邸
 <下御霊神社
 <行願寺
 <京都市役所

 <本能寺
 四条坊門西洞院にあったが、本能寺の変で焼失後に、豊臣秀吉の都市改造政策で現在地へ移転してきた

 <竹苞楼>
 1751年(皇紀2411)宝暦元年の創業
 初代 佐々木惣五郎が開業した古書籍屋
 本能寺の向かいに建ち、蛤御門の変(禁門の変)で類焼し、現在の建物は、その直後に建てられたもの
 調度品、家具類などに当時のものが残されている


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第7回1級】

【京都検定 第9回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク