正面通(しょうめんどおり)(Street of SyoumenDoori)


所在地:京都市東山区、下京区   地図情報

東端:大和大路通
西端:天神通

平安京:七条坊門小路

別称:中珠数屋町通、御前通(おんまえどおり)

 正面通(しょうめんどおり)は、京都市街地中部の六条通と七条通の間を東西に走る通り

 東は大和大路通から、西は天神通まで
 渉成園東本願寺西本願寺、中央卸売市場で分断される

 渉成園東本願寺の間は、「中珠数屋町通」とも称される
 東本願寺から西の天神通までは、「御前通(おんまえどおり)」とも称される

 通り名の由来は、方広寺大仏殿の正面の通りだからといわれる

【正面通の分断】

 豊臣秀吉は、死後、神格化されるために、阿弥陀が峰に西向きに豊国廟を建てさせ、
そこから真西に向かって、阿弥陀が峰のふもとに豊国神社
その西に、遺愛の息子 鶴松を祀った祥雲寺
その西に、方広寺大仏殿
さらに真西に向かったところに、本願寺に土地を与えて、西向きに阿弥陀堂を建てさせ、一直線上に配置した

 正面通は、方広寺から、鴨川正面橋を渡り、本願寺まで続いていた

 徳川家康は、豊臣秀吉の神格化をふせぐために、
 豊国廟豊国神社を壊滅させ、参道をふさぐように新日吉神宮を建てさせ、
 祥雲寺を、智積院に与え
 方広寺は、妙法院に与え、
 さらに、方広寺本願寺の間には、
 本願寺を分裂させて、東本願寺を創建し、東向きに阿弥陀堂を建てさせ、
 さらにその間に、東本願寺の住職に土地を与え、渉成苑を建てさせ、
 豊国廟から本願寺の直線を、ことごとく分断したといわれる

 しかし、江戸時代中期頃から、
 方広寺から西本願寺へ向かうこの道を「正面通」と称されるようになり、豊臣秀吉の大きな徳が残っていたといわれる




【正面通の見所】

 東から西に向かって

 <方広寺
 かつて、豊臣秀吉が造営した大仏があった、「正面」の由来となった寺院

 <豊国神社
 旧方広寺大仏跡に再建され、豊臣秀吉が祀られている

 <耳塚
 豊臣秀吉が、朝鮮出兵のときに日本に持ち帰った戦死した朝鮮の兵の耳や鼻を供養させた塚

 <正面橋
 鴨川にかかる、五条大橋と七条橋の間の橋

 <渉成園
 徳川家光から土地を与えられ、東本願寺の住職のために創建された別邸

 <東本願寺
 徳川家康が、本願寺より分裂させ土地を与え、建物の向きなどを西本願寺と正反対に作らせた

 <御前通>
 東本願寺から西本願寺にいたる正面通は、「御前通」とも称される
 江戸時代からの仏具・法衣・お香・数珠・仏教図書出版などの老舗が立ち並んでおり、
 「門前町のかおり」として、下京区の下京八景に選定されている

 <西本願寺
 織田信長の宿敵だった本願寺を、豊臣秀吉が保護し、西向きに阿弥陀堂を建てさせた

 <西新屋敷児童公園>
 千本通手前にある公園

 <中央卸売市場>


【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第7回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク