両替町通(りょうがえまちどおり)(Street of RyougaeMachi)



所在地:京都市市街地中央部の南北の通り   地図情報

北端:丸太町通
南端:三条通

東側の大通:烏丸通の一つ西の通

平安京:存在せず

 両替町通(りょうがえまちどおり)は、京都市中央部の丸太町通から三条通までの南北の通

 桃山時代豊臣秀吉の都市改造政策により造られ、金座や銀座が設けられ、金融街になっていた

 南の延長線上には、「諏訪町通(すわんちょうどおり)」が走る

【両替町通の歴史・経緯】


【両替町通の主な名所】

 <金座跡碑
 <銀座跡碑
 <二条殿跡

 <諏訪町通(すわんちょうどおり)>
 両替町通を南に延長した高辻通から花屋町通までの通り
 的場通との交差点付近の諏訪神社が通り名の由来となっている
 江戸時代初期には、六条通付近に「六条三筋町」の遊郭が設けられていた

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク