先斗町通(ぽんとちょうとおり)(Street of PontoCyo)

所在地:京都市中京区   地図情報

北端:三条通一筋下ル先斗町歌舞練場
南端:四条通

東側:鴨川
西側:木屋町通


 先斗町通(ぽんとちょうとおり)は、三条通一筋下ルから四条通まで、鴨川木屋町通の間を南北に走る通り

 祗園と並ぶ古い花街の石畳の狭い通り

 お茶屋が軒を連ね、東側の店は鴨川の川床料理が楽しめる

 現在は、狭い路地のために、消防法などにより、建て替えを行う場合には路地から壁面を後退させなければならず、
町並みの維持が危ぶまれている

【先斗町通の歴史・経緯】


【先斗町の名前の由来】

 「先斗(ぽんと)」は、ポルトガル語の「ponta(「先端」の意味)」

 通りが開発される以前から「御崎(みさき)」と称されていた地域で、
 京の町の東の先端にあることから名付けられたといわれる

 現在も、近くに、岬神社(みさきじんじゃ)(土佐稲荷)が祀られている
 
 1702年(皇紀2362)元禄15年刊の「万宝節用集町名鑑」にも「ぽんと町」と記されている



花街

 先斗町は、京都五花街の一つ

 歌舞練場:先斗町歌舞練場(先斗町通の北端に建つ)

 をどり:鴨川をどり(5月1日〜24日)

 舞踊流派:尾上流

 紋章:千鳥紋

【その他】

 <先斗町歌舞練場
 三条通の少し南にあり、先斗町通の北端となる
 5月1日〜24日に「鴨川をどり」が公演される

 <西石垣通(さいせきどおり)>
 西石垣通は、先斗町通の四条通より南側に続く通り
 鴨川の氾濫を防ぐために造られた石垣が残っている
 現在は、繁華街が続いている

【先斗町通へのアクセス】

 市バス 四条河原町 徒歩数分
 阪急電車 四条河原町 徒歩数分


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第5回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク