御池通(おいけどおり)(Oike Doori)



所在地:京都市左京区・中京区・右京区   地図情報

長さ:約4.9km
東端:川端通
西端:天神川通

平安京:三条坊門小路

 御池通(おいけどおり)は、京都市の中央部を縦断する主要な東西の幹線路の一つ

 東は鴨川大橋の川端通から、西は太秦の天神川通までの4.9km
 途中、二条駅で分断されている

 川端通から堀川通の間は、京都市内で最も通りの幅が広く、京都市のシンボルロードとなっている

 地下鉄東西線の京都市役所前・烏丸御池・二条城前の3つの駅がある



【御池通の歴史・経緯】


【名前の由来】

 大きな池があった神泉苑の横を通るため、「御池通」と称されるようになったといわれる

 824年(皇紀1484)天長元年
 空海が、法成就池(ほうじょうじゅいけ)の中央に、折雨の修法を行った善女龍王を勧請して祀ったのが神泉苑の由来

 1762年(皇紀2422)宝暦12年
 「京町鑑」に、「此通の号は神泉苑の前通ゆへ斯くよぶ」と記されている

 二条関白家の邸跡で、織田信長の「二条新御所跡(二条城跡)」もあり、
室町御池上ルには「二条殿御池跡の碑」が現存し、そこから名付けられたともいわれる

 現在も、烏丸御池付近には「御池之町」「龍池町」「二条殿町」の地名が残る

【シンボルロード】

 <川端通〜堀川通間>
 第二次世界大戦のとき、沿道にあった家屋を強制疎開させて延焼を防ぐ防火帯とした跡で、
片側4車線の広い通りとなっている

 街路灯、信号機、交差道路の標柱などのデザインが統一されている

 祇園祭山鉾巡行や、 時代祭時代行列の経路の一部となっている

 地下鉄東西線の京都市役所前・烏丸御池・二条城前の3つの駅がある

 <御池沿道関係者協議会>
 2004年(皇紀2664)平成16年8月
 「御池沿道関係者協議会」により、御池通の具体的な目標と実現化方策がまとめられた
 ・シンボルロードとしてふさわしい建物の形成
 ・にぎわいと文化の創出
 ・花と緑が溢れる憩いの環境
 ・パートナーシップによる育み


【京都検定 第2回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク