堀川通(ほりかわどおり)(Street of Horikawa)


堀川通(ほりかわどおり)は、京都市街地中央部の南北の幹線路

所在地:京都市北区・上京区・中京区・下京区

北端:鴨川堤の賀茂街道(北区紫竹上堀川町)   地図情報
南端:東海道本線交差部北(下京区西油小路町)(油小路通とつながる)   地図情報

東西:油小路通大宮通の間の通り(間に小路あり)

平安京:堀川小路
旧称:西堀川通

 堀川通(ほりかわどおり)は、京都市街のほぼ中央部を南北に流れる堀川の西側の大通り

 かつては、堀川をはさんで、「東堀川通」と「西堀川通」があり、それぞれ同じ道幅があった

【堀川通】

 北端は、鴨川堤の賀茂街道と交差している

 堀川紫明で、紫明通が合流してきて、幅広い中央分離帯がある幹線道路となる

 堀川今出川から堀川御池は、堀川が地上に現れ、東堀川通が対岸に沿って走っている

 五条通から南は、国道1号線となる

 堀川七条で、堀川は、暗渠のまま西にそれ、その上を西堀川通が走る

 堀川通は、東海道本線交差部北で、一つ東側の油小路通が合流してきて、名前が「油小路通」に変わる

 1895年(皇紀2555)明治28年9月24日〜1961年(皇紀2621)昭和36年8月1日
 東堀川通の堀川中立売から四条堀川まで京都電気鉄道の電車が走っていた

 第二次世界大戦時
 西堀川通は、防火帯として沿道の家屋が強制疎開させられ、
 戦後の都市計画で拡幅、延長され幹線道路となった

【主な沿道の施設】

 <堀川(ほりかわ)>
 北区から、ほとんどの部分が暗渠となっている河川で、南区で鴨川に流れ込む
 今出川通から御池通までの区間が、地上に出ている
 かつては西陣織の染色に利用されていた
 平安京が造営される時に、現在の鴨川につけかえられたという説もある

 <京都晴明神社堀川参道>
 西堀川通上長者町から西堀川通下立売までの商店街
 平安京以来
 堀川に沿って、中立売・下立売・上の魚の棚(椹木町通)・長者町など、商工業地帯を形成してきた
 明治時代
 商店や職人の店、寄席・映画館・飲食店などもでき、さらに発展する
 昭和時代初期
 堀川京極として栄える
 1945年(皇紀2605)昭和20年
 防火帯の強制疎開により取り壊されてしまう
 1951年(皇紀2611)昭和26年
 日本で最初の公営店舗付住宅として、現在の堀川商店街が再建される
 春と秋には恒例で「堀川まつり」が開催される

 <小野篁の墓地>
 <紫式部の墓地>
 <島津製作所>
 <擁翠園>
 <妙蓮寺
 <本法寺
 <寺ノ内>
 <宝鏡寺
 <不審庵
 <今日庵
 <茶道資料館>
 <織成舘(おりなすかん)>
 <西陣>
 <浄福寺>
 <白峯神宮
 <京都市考古資料館
 <西陣織会館
 <晴明神社
 <二条城
 <橋本左内寓居跡
 <松永昌三講習堂跡
 <堀河天皇里内裏跡
 <源氏堀川館跡>
 <左女牛井之跡(さめがいのあと)の石碑>
 <西本願寺

堀川通の七不思議

 <一条戻橋
 晴明神社から堀川通を約100m南へ下がったところの橋

 <梅ヶ枝の手水鉢>
 西堀川通木津屋橋角

 <芹根水(せりねのみず)>
 西堀川通木津屋橋角に碑が残る
 平安時代から霊水といわれ、京の七名水の一つでもあった


【京都検定 第7回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク