宇治川(うじがわ)(River of Uji)

流域:宇治市、京都市伏見区   地図情報

水源:琵琶湖
水系:淀川水系
種別:一級河川

 宇治川(うじがわ)は、琵琶湖から、京都盆地の南部を流れる川

 淀川水系の中流部の名称で、
 上流を「瀬田川」、
 宇治市から京都市伏見区までを「宇治川」、
 桂川木津川との合流点から下流を「淀川」と称して、大阪湾に流れる

 京都市の川はほとんどが、桂川に流れ込み、山科川が、宇治川の唯一の大きな支流となる(宇治市にはいくつかの支流がある)

【宇治川の歴史・経緯】



【見所】

 <天ヶ瀬ダム>
 宇治川上流部
 1964年(皇紀2624)昭和39年
 洪水を防ぐことを目的に建設され完成する
 天ヶ瀬ダム下流の山間部には、オイカワ・ハス・アユ・マナマズなどが多く生息している

 <宇治橋
 日本三古橋の一つ
 646年(皇紀1306)大化2年
 南都 元興寺の僧 道登が、勅願により宇治橋を架けるときの守護神として、
宇治川上流の櫻谷に鎮座していた瀬織津姫を勧請し、宇治橋の三ノ間の張り出し部分に橋姫神社を創建した
 豊臣秀吉が、三ノ間から茶の湯の水を汲ませたといわれる

 <中の島>
 宇治橋の南の細長い「橘島」と「塔の島」の2つの島を合わせて「中の島」と称される
 塔の島には、放生院(橋寺)の十三重石塔が建っています  鵜飼舟や観光船の船着場がある
 瀬田川、宇治川を主生息地とするナカセコカワニナがいる

 <向島>
 ヨシ、オギの大群落
 オオヨシキリの繁殖地、ツバメの集団ねぐらとなっている

 <三栖閘門
 1929年(皇紀2589)昭和4年
 宇治川と伏見城外堀の濠川(ほりかわ)とを結ぶ舟運のための水位を調整するために建造される
 1960年代、淀川の貨物船の運行が終り、伏見港も埋め立てられる
 現在は、河川公園として整備され、閘門を操作していた建物を再現した資料館がある

 <観月橋
 鎌倉時代末期
 月見のために巨椋池に浮かぶ島に渡るための「桂橋」だった
 豊臣秀吉により宇治川が付け替えられ、新しい宇治川に「豊後橋」と名前を変え付けられる
 鳥羽・伏見の戦いで焼失
 1873年(皇紀2533)明治6年
 新橋が完成し、月見の故事にちなんで「観月橋」と名付けられる


源氏物語宇治十帖

 紫式部は、宇治川の上流の石山寺に参籠中「源氏物語」を考案したといわれる
 源氏物語」の第四十五帖から最後の宇治十帖には、
 宇治川周辺の橋姫椎本総角早蕨宿木東屋浮舟蜻蛉手習夢浮橋の十ヵ所が描かれている


橋姫伝説】

 <丑の刻参り>
 「平家物語 剱の巻」によると
 ある公家の娘が、激しい嫉妬をして、鬼になることを願い貴船神社へ参拝する
 七日目に、貴船の神より、宇治川に21日間浸かれば鬼になれると神託を受ける
 娘は、髪を松脂で固めて五つの角を作り、顔には朱、身体に丹を塗り、頭に松明をつけた鉄輪をかぶって、
両端に火をつけた松明を口にくわえて宇治川に浸かる
 娘は、念願通りに鬼になり、人を殺したという


宇治橋周辺の神社寺院】

 <平等院世界文化遺産)>
 当初は、観音堂などが直接、宇治川に面して建っていた

 <宇治上神社世界文化遺産)>
 宇治川の対岸に、平等院と向かい合うように建つ

 <宇治神社
 対岸の平等院の鎮守社

 <放生院(橋寺)
 聖徳太子の時代から宇治橋の管理をしていた守り寺

 <橋姫神社
 宇治橋の守護神「瀬織津姫(せおりつひめ)」が祀られている

 <縣神社
 宇治の産土神を祀り、平等院鬼門にあたる


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第8回1級】

【京都検定 第12回1級】

【京都検定 第13回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク