白川(しらかわ)(River Shirakawa)

流域:京都市左京区・東山区

水系:淀川水系
等級:一級河川
全長:9.3km

水源:比叡山如意ヶ岳の間

 白川(しらかわ)は、比叡山から市街地東北部を流れる川

 比叡山から如意ケ岳にかけての東山北部の谷から水を集め、北白川で京都盆地に流れ込み、南行して岡崎 京都市動物園付近で
琵琶湖疏水と合流したのち、慶流橋で琵琶湖疏水と分れ、祗園新橋を流れ、四条大橋の北で鴨川に注ぐ

 上流の深い渓谷から、情緒ある京の街を、かなりの高低差を下って走る変化に富んだ川

 平安時代には、白河院があった

 白川で採れる白川砂は特産で、庭石にも多く使われている
 現在は、京都市風致地区条例の対象エリアとして採取が禁止されている

 「白川」の名前の由来は、付近の地質が花崗岩主体で、川底の砂が白く、流れが白濁していることによる
 岡崎付近より下流は、明治維新以降に琵琶湖疏水と合流し、その特徴は見られなくなってしまっている



【流域】

 <地蔵谷>         地図情報
 大津から比叡山の峠道を越え、集落を通り、京都に至る近道である「山中越道」沿いを流れる
 「北白川天然ラジウム温泉」「不動温泉」「身代不動堂」がある

 <深山幽谷>
 日天寺がある

 <白川の里>
 平安時代からの花所
 気候と、水はけのよい花崗岩の地質が、花の栽培に適しているといわれる
 男性は石工になり、女性は花を作り白川女として都へ行商に出るのが一般的だった

 <北白川(きたしらかわ)>
 京都市左京区の銀閣寺の北に広がる地域
 かつて、京都と近江を結ぶ山中越えの街道筋として開けた集落で、文化人や学者が多く好んで住んでいる
 白川石の産地となっていた
 1918年(皇紀2578)大正7年に京都市に編入した

 <北白川天神宮>
 北白川一帯の産土神

 <半鐘山>
 標高100mほどの「北白川山」

 <琵琶湖疏水分流>      地図情報
 白川通今出川の西の銀閣寺交番前付近で、西北に向かう琵琶湖疏水分流と立体交差する
 白沙村荘の横を流れて南下する

 <岡崎の堀>          地図情報
 京都市動物園付近で琵琶湖疏水の本流と合流し、西に流れる

 <平安神宮の大鳥居>
 慶流橋の西、国立近代美術館の向かいから、琵琶湖疏水から分かれ南下して流れる

 <三条白川橋>        地図情報
 三条通の東山駅の東
 江戸時代初期
 1678年(皇紀2338)延宝6年
 京都に現存する最古の道標
 「是よりひだり ち於んゐんぎおんきよ水みち」

 <知恩院古門>        地図情報
 「行者橋」とも称される幅70cm程の石橋の一本橋が架かる
 北から西に折れ曲がり、白川北通に沿って祗園北側に流れていく

 <祗園新橋>         地図情報
 鴨川に向かって西に流れを変え、白川南通に沿って流れる
 新橋、巽橋、料理屋や旅館の玄関に入る小さな橋の数々をくぐる
 吉井勇の歌碑が白川沿いにある

 祗園新橋重要伝統的建造物群保存地区にある
 3月〜4月は、雪柳名所
 春は、桜の名所

 <大和橋
 白川の最下流に架かる、大和大路通(縄手通)の石橋

 <川端通>
 四条大橋の北で川端通の下をくぐり、鴨川に合流する



【白川の行事】

 <祗園放生会>
 6月第一日曜
 祗園白川巽橋
 2000匹の鯉の稚魚の放流が行われる

 <かにかくに祭
 11月8日
 吉井勇歌碑前

【その他】

 <白川女(しらかわめ)
 白川の里から、白い脚絆、かすりの着物に紅だすき、頭上の箕(みい)に切り花を盛り上げて、京の町へ売りに出てくる女性
 現在は、地元の白川女風俗保存会で伝承されている

 <白川夜船
 「知ったかぶりをする」「ぐっすりと眠る」をたとえた俗諺

 <白川口(しらかわぐち)>
 上京区の鴨川に架かる荒神橋付近(白川の流域ではない)
 「荒神口」とも称して、京の七口の一つ
 洛中から荒神口を経て近江・若狭と結ぶ山中越の出入口

 <白川石
 石燈籠などの京石工芸品に使われた良質の花崗岩


【京都検定 第1回3級】

69.歌人の吉井勇を偲んで、白川南通の川沿いに建つ歌碑の前で、毎年11月8日に催される行事は何か?

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク