逢坂関(おうさかのせき)

所在地:滋賀県大津市逢坂2丁目長安寺付近   地図情報

別記:相坂関、合坂関、会坂関など

三関(逢坂関・鈴鹿関・不破関)の一つ

 逢坂関(おうさかのせき)は、山城国と近江国の国境とされる逢坂山に設けられた関所

 東海道と東山道(後の中山道)の2本が逢坂関を越えるため、交通の要となる重要な関であった

 逢坂関と、伊勢の鈴鹿関、美濃の不破関で、三関とされた

【逢坂関の歴史・経緯】

【逢坂関】

 山城国と近江国との境の峠道で、京都側には東山区の日ノ岡峠、大津側には逢坂山峠があった

 2つの坂が出会うので、「逢坂関」「相坂関」「合坂関」などと名付けられたといわれる

 逢坂関が、畿内の北限とされ、ここを越えれば東国とされた

 かつては、険しい峠道だったが、多くの物資を運ぶ交通の要所で、峠が掘り下げられていき、
 現在に至って、逢坂関のあった場所が定かでない

 <三関>
 奈良時代の三関である伊勢の鈴鹿関、美濃の不破関、越前の愛発関から、
 平安時代中期までには、愛発関に代わって、逢坂関が三関の一つとされる

 枕草子の「関は」の段には、「逢坂、須磨の関、鈴鹿の関」と記されている

 <関寺>
 逢坂2丁目の長安寺付近にあった寺院
 「更級日記」や「石山寺縁起」などに、逢坂関との関連が記されている

 <石碑「逢坂山関址」>
 大津市大谷町の国道1号線沿いの逢坂山検問所(京阪京津線大谷駅の東)の脇に建てられている

 <関蝉丸神社上社・関蝉丸神社下社>
 平安時代中期の琵琶法師で歌人の蝉丸が祀られている

 <走井餅
 この付近の名物菓子

【和歌】

 <歌枕
 平安時代から、蝉丸法師や清少納言紀貫之など多くの歌人が逢坂関を歌った歌枕の地とされる

 <小倉百人一首
 (第10番)これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 (蝉丸「後撰和歌集」)

 (第62番)夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ (清少納言「後拾遺集」)
    藤原行成へ贈った歌
    泉涌寺仏殿わきに歌碑が建てられている

 <和歌>
 逢坂は 人越えやすき 関なれば 鶏鳴かぬにも あけて待つとか (藤原行成
    清少納言への返歌

 逢坂の関の清水に影見えて今やひくらむ望月の駒 (紀貫之「拾遺集」)

 逢坂の関の岩かどふみならし山たちいづる桐原の駒 (藤原高遠「拾遺集」)

 鴬の鳴けどもいまだ降る雪に杉の葉白き逢坂の山 (後鳥羽院

 逢坂や梢の花を吹くからに嵐ぞかすむ関の杉むら (宮内卿「新古今和歌集」)

 走井の程を知らばや逢坂の関ひきこゆる夕かげの駒 (元輔)

 走井の筧の水の涼しさに 超えもやられず逢坂の関 (清輔)

【逢坂関へのアクセス】

京阪電車 京津線 大谷駅 徒歩約5分
JR琵琶湖線 大津駅 徒歩約15分


【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第7回1級】

【京都検定 第13回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク