土佐藩(とさはん)(Tosa Han)

土佐国(現在の高知県)を領有した外様藩

正式名称:高知藩(こうちはん)

藩庁:高知城(高知市丸ノ内1丁目)   地図情報

石高:20万2千6百石余
藩主:外様 山内家(やまうちけ)

 土佐藩(とさはん)は、土佐国(現在の高知県)一円を領有した外様藩

 関ヶ原の戦いで、東軍(徳川家康方)に味方した遠江国掛川の外様大名 山内一豊が、
土佐一国20万2千6百石余を与えられ土佐藩が成立し、明治時代初頭まで山内家が治めた

 幕末維新では、薩摩藩・長州藩とともに幕末政局の主導権を取り活躍した

【土佐藩の歴史・経緯】


【土佐藩の歴代藩主】

 関ヶ原の戦いにより、遠江国掛川(現在の静岡県掛川市付近)を治めていた山内一豊が、
土佐一国を与えられ、山内家(やまうちけ)が明治初期まで治めることとなる

 一豊(かつとよ)
 忠義(ただよし)
 忠豊(ただとよ)
 豊昌(とよまさ)
 豊房(とよふさ)
 豊隆(とよたか)
 豊常(とよつね)
 豊敷(とよのぶ)
 豊雍(とよちか)
 豊策(とよかず)
 豊興(とよおき)
 豊資(とよすけ)
 豊熈(とよてる)
 豊惇(とよあつ)
 豊信(とよしげ)
 豊範(とよのり)

 明治以降の山内家当主

 豊景(とよかげ)
 豊秋(とよあき)
 豊功(とよこと)

【土佐藩邸】

 <京都藩邸
 江戸時代初期
 高瀬川沿い木屋町通の旧立誠小学校(りっせいしょうがっこう)あたりから河原町通の一帯におかれた

 <伏見藩邸>
 伏見京橋におかれた

【土佐藩ゆかりの人物】

 吉田東洋の門下
 <後藤象二郎>
 <乾退助(後の板垣退助)>
 <岩崎弥太郎>

 郷士
 <坂本龍馬
 <中岡慎太郎>

【その他】

 <一領具足>
 かつて土佐を納めていた長宗我部氏の旧臣(郷士)
 新領主に馴染まず反乱を繰り返した

 山内家は、藩政の中枢には郷士を入れず、
高知城下に住む山内系の武士(上士)と、長宗我部氏の旧臣(郷士)の二重構造が幕末まで続いた


【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第10回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク