三条大橋(さんじょうおおはし)(Bridge of Sanjyou)

所在地:京都市東山区三条通五軒町   地図情報

長さ:約74m
幅 :約15.5m
2車線歩道付コンクリート製

 三条大橋(さんじょうおおはし)は、三条通鴨川にかかる橋

 三条大橋は、東海道と中山道の起点終点にあたる

 三条通は、三条口、粟田口を経て、山科、大津へと通じていく交通上の重要な要衝で、幕府が管理する公儀橋とされていた

【三条大橋の歴史・経緯】


【三条大橋】

 <十二の擬宝珠(ぎぼし)
 三条大橋の欄干の親柱(宝珠柱)に被せられている紫銅製の装飾
 ネギの花に似ていることから「葱台(そうだい)とも称される

 天正年間(1573年〜1592年)のものと、昭和の擬宝珠が残され、祗園小唄が刻まれた擬宝珠もある

 「洛陽三条の橋は後代に至るも往還の人を化度とせしむるもの他、
       盤石の礎は地に入ること五尋(ごひろ)、切石柱は六十三本也」
 と、銘にその規模が記されている
 化度(けど)とは、衆生を教え導き救うこと

【三条大橋付近の名所】

 <弥次喜多の像
 三条大橋の西詰め南側に建つ
 十返舎一九の「東海道中膝栗毛」の弥次さん喜多さんの像

 <高山彦九郎の土下座像
 三条大橋の東詰め南側にある
 御所に向かってひれ伏す姿の像
 高山彦九郎は、林子平、蒲生君平とともに寛政の三奇人といわれた武士
 尊皇思想家で、尊皇を唱え幕府を批判して旅をし、京都に出入りするたびに御所を遙拝していたといわれる

 <駅伝の碑
 1917年(皇紀2577)大正6年4月27日
 日本で最初の駅伝「東海道五十三次駅伝競走」が、午後2時に三条大橋からスタートした記念碑

 <高札場跡>
 三条大橋の西詰め北側
 法令などを板面に記して往来などで周知させる「高札(こうさつ)」が掲示されていたところ
 現在も、天正年間の大改造の際に使用された石の柱が残っている

 <花の回廊
 鴨川左岸の三条大橋〜七条大橋
 シダレザクラやモミジなど、四季折々の花や木を眺められる散策路



【三条大橋へのアクセス】

 京阪電鉄 三条駅 東詰め北側にある
 地下鉄東西線 三条京阪駅
 市バス 三条京阪前


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第10回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク