団栗橋(どんぐりばし)(Bridge of Donguri)



川:鴨川

所在地:京都市東山区宮川筋1丁目・下京区斎藤町   地図情報

 団栗橋(どんぐりばし)は、下京区と東山区の境の鴨川に架かる橋

 四条大橋から約200mほど南にある橋
 団栗橋の南には、松原橋が架かる

 江戸時代中期
 1709年(皇紀2369)宝永6年の京大絵図に、所在が記されている

 橋の名前の由来は、かつて、橋のたもとに大きな団栗の木があったからといわれる



【その他】

 <団栗焼け>
 1788年(皇紀2448)天明8年1月30日早朝から2月2日朝の二昼夜 天明の大火
 鴨川の東の、団栗橋(四条大橋の南の橋)のあたりの宮川町団栗辻子の町家から出火
 当時の京都市街地のほぼ全域にわたり、約80%が焼失した大火
 団栗橋あたりから出火したため「団栗焼け」と称される

【団栗橋へのアクセス】

 京阪電車 四条駅 徒歩約5分(南へ約150m)

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク