太秦(うずまさ)(Uzumasa)

所在地:京都市右京区太秦   地図情報

 太秦(うずまさ)は、梅津の北あたりから北区あたりまで、右京区の中心地区の住宅地

 5世紀頃に、百済から移住してきた帰化朝鮮人(渡来人)の巨大氏族の秦氏(はたし)により、
 優れた先進的な土木技術により田園地域に変えられ、さらに、養蚕や機織技術による産業地帯となる

 「太秦(うずまさ)」という地名は、秦氏が雄略天皇に献上した絹が、うず高く積まれたことにちなむ

【太秦の見所】

 <広隆寺
 秦河勝(はたのかわかつ)が、聖徳太子から譲り受けた仏像を祀って建てた秦氏の氏寺「蜂岡寺(はちおかでら)」が由来
 聖徳太子との関係も強く、聖徳太子ゆかりの遺品が多く奉納されている

 <蚕の社
 秦氏のゆかりの神社
 元糺の池(もとただすのいけ)では、土用の丑の日に手足を浸し穢れを払う

 <東映太秦映画村
 京都は、日本で最初に映画が上映され、
 太秦には、多くの映画会社によって撮影所がおかれ、時代劇映画などの撮影が行われ「日本のハリウッド」とも称される
 やがて大映、日活、松竹など大映株式会社の撮影所に集約され、現在はテーマパークとしても残っている

 <車折神社(くるまざきじんじゃ)
 商売繁盛、売掛金回収のご利益があるといわれ、祈念神石を持ち帰り、願いが叶えば倍の石を返納する

 <斎宮神社
 伊勢神宮を創祀した倭姫命(垂仁天皇の第二皇女)の別荘のあったところといわれ、
神宮に奉仕する斎宮が、有栖川の辺に野宮を建て、精進潔斎をした旧跡ともいわれる

 <蛇塚古墳
 秦氏一族の首長墓と推定される巨大な横穴式前方後円墳

 <鹿王院
 足利義満が、延命祈願のため、春屋妙葩を開山として建立したのが由来

 <曇華院
 京都第三番目の尼門跡寺院

 <斎明神社
 平安時代伊勢斎王に選ばれた皇女が潔斎された場所

【太秦へのアクセス】

 京福電車
 市バス


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク