御室(おむろ)(Omuro)


 御室(おむろ)は、京都市右京区の仁和寺門前を中心に広がる地域

 平安時代に、宇多天皇仁和寺を創建したことから開けていく

 歴史的風土保存区域に指定されており、閑静な住宅街
 御室・衣笠歴史的風土保存区域 約342ha
 うち、御室・衣笠歴史的風土特別保存地区 約107ha

 仁和寺境内の「御室の桜」は国の名勝に指定されている

【御室の歴史・経緯】


【その他】

 <御室焼
 陶匠 野々村仁清が、この地に窯を開き、「御室焼」と称した
 「古清水」と称される色絵陶器を完成させる
 現在も2カ所に窯跡が残る

 <オムロン株式会社>
 立石電機株式会社の本社が、御室にあったことに由来する
 創業者の立石一真が考案したブランド「OMRON」を社名に変更される

【御室へのアクセス】

 市バス 御室仁和寺 徒歩すぐ
 京福電車 北野線 御室仁和寺 徒歩数分


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第2回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク