貴船(きぶね)(Kibune)

所在地:京都市左京区鞍馬貴船町   地図情報

別称:京の奥座敷

 貴船(きぶね)は、左京区北西部の貴船川に沿った山間部一帯の地名

 清遊地には、貴船川に面して、川床料理が楽しめる料理旅館が並んでおり、京の奥座敷とも称される

 夏は、市街地より4度程涼しといわれる
 春は、桜の名所
 秋は、紅葉の名所

 木生根(木が生い茂る)がなまって貴船となったといわれる

 近世は丹波からの炭の集荷、中継地として栄えた

 貴船川対岸の山が鞍馬山

 1949年(皇紀2609)昭和24年
 京都市に編入される

【貴船の見所】

 <貴船神社
 古来から水の神様として朝廷・公家・文人などの崇敬を得ている

 <貴船川
 貴船川は、全長約3km
 鴨川・淀川の源流の1つ
 初夏には、源氏蛍が乱舞する
 ・岩魚(いわな)・虹鱒(にじます)など清流のみに生息する川魚が棲んでいる

 <梶取社(かじとりしゃ)>
 貴船神社の創建の由来となった、玉依毘売命が船にのり、淀川・鴨川をさかのぼり、
貴船口から貴船に至ったとされるときに、巧みに舵を操られた梶取の神様が祀られている

 <蛍岩(ほたるいわ)>
 貴船口から100mほど上流
 平安時代の女流歌人 和泉式部が、貴船神社に参詣して恋の成就を祈願し、
「もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る」と詠んだといわれる辺り
 6月下旬ごろから7月上旬に蛍の乱舞を見ることができる

 <烏帽子岩(えぼしいわ)>
 観光バス駐車場のすぐ下流
 かつて、大宮人が烏帽子(えぼし)を下して冷水を浴びて身を清めたところ

 <御神木の桂>
 貴船神社の御神木(ごしんぼく)の桂は、樹齢400年、高さ30m
 根元からいくつもの枝が天に向かって伸び、上の方で八方に広がっている

 <船形石>
 御神木の桂の隣にある
 玉依毘売命が、淀川・鴨川をさかのぼってきた黄色の船

 <石庭(せきてい)>
 古代の人々が神祭りをおこなった神聖な祭場「天津磐境(あまついわさか)」をイメージして作られた石庭
 重森三玲(しげもりみれい)の作庭
 貴船名石保存のため、すべてを貴船石で石組みされている
 貴船川の貴船石は、緑色や紫色の水成岩で、庭石・盆栽石の名石として利用される
 庭全体が、船の形になっており、中央の椿の樹が船のマストで、神が御降臨になる神籬(ひもろぎ)とされる

 <鈴鹿谷>
 貴船神社本宮から北参道を下ったところ
 小さな橋が架かっており、谷の側に貴船神社末社 鈴鹿社がある

 <貴船神社 結社(ゆいのやしろ)>
 貴船神社本宮より上流300mのところ
 山側の小高い地にあり、本宮と奥宮の中間にあるため「中宮(なかみや)」とも称される
 えんむすびの神様

 <天の磐船>
 長さ3.3m、舳先の高さ1.5m、幅1m、重さ6トンの船形の自然石
 貴船の山奥で見つけられ、結社 御祭神 磐長姫命の御料船として結社境内に納められた

 <相生の大杉>
 結社と奥宮の間にある
 樹齢1000年ともいわる、同じ根から生えた2本の杉の大木が寄り添っている

 <思ひ川>
 奥宮の参道の入口に架かる橋
 貴船神社本宮が奥宮にあったころ、参詣する時に禊(みそぎ)をして心身を清めた御物忌川(おものいみかわ)があった
 和泉式部が、参拝して恋を祈願したことから、「おものいみ川」が「思ひ川」に変わったといわれる

 <つつみが岩>
 結社と奥宮の中間にある
 紫に輝く貴船石で、形状が整った、古代火山灰堆積の模様を表した巨岩
 高さ4.5m、重さ43トン

 <貴船神社奥宮(おくみや)>
 貴船口から2.5Km、貴船神社本宮から500mのところにある

 <雨乞の滝>
 貴船神社奥宮手前の貴船山中にある三段の滝
 かつは、ここで雨乞い神事が行われており、禁足地(きんそくち)になっている

 <鏡岩(かがみいわ)>
 貴船山の中腹にある
 いくつかの大きな岩が積み重なって中央が室となっている
 貴船神社ができる以前の古代の祭りの場である磐座(いわくら)で禁足地(きんそくち)になっている


【その他】

 <歌枕

 <秋明菊
 貴船に多く自生していたため「貴船菊(きぶねぎく)」とも称される

【貴船へのアクセス】

 叡山電車 鞍馬線 貴船口駅 徒歩
 京都バス 貴船 徒歩
 

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク