京都の地理(Place of KYOTO)

京都盆地

 京都は、東・北・西の三方を山に囲まれる内陸盆地
 京都盆地には、都の発展、京野菜の発展、日本庭園の発展、自然観光の発展のための好条件がそろっていた

京都の自然

 京都の自然は、京都盆地を取りまく山々と大小の河川が、都にふさわしい自然環境を作り上げている

京都の気候

 京都の気候は、盆地である影響が大きく、俗に「夏は酷暑、冬は酷寒」といわれる

【京都の川】

 京都には周りの山々から流れくる大小の河川が、伝統文化の発展、生活文化の発展に大きく寄与している

 <有栖川(ありすがわ)
 <宇治川(うじがわ)
 <大堰川(おおいがわ)
 <音羽川(おとわがわ)
 <小畑川(おばたがわ)
 <桂川(かつらがわ)
 <紙屋川(かみやがわ)
 <鴨川・賀茂川(かもがわ)
 <貴船川(きぶねがわ)
 <清滝川(きよたきがわ)
 <白川(しらかわ)
 <高瀬川(たかせがわ)> 物流用に角倉了以によって開削された、木屋町通沿いを南下する運河だった川
 <高野川(たかのがわ)
 <天神川(てんじんがわ)
 <西高瀬川(にしたかせがわ)> 運河として開削された河川
 <保津川(ほづがわ)> 桂川亀岡から嵐山までの区間
 <堀川(ほりかわ)
 <山科川(やましながわ)
 <律川(りつせん)>   音無の滝
 <呂川(りょせん)

【京都の橋】

 <一条戻橋> 堀川
 <一文橋>  西国街道 最初の有料橋
 <一本橋>  白川 知恩院古門付近
 <宇治橋>  宇治川
 <荒神橋>  鴨川 亀の石
 <五条大橋> 鴨川
 <三条大橋> 粟田口 弥次喜多の像 高山彦九郎の土下座像
 <四条大橋> 南座
 <正面橋>  鴨川 正面通
 <直違橋>  伏見街道に七瀬川が斜めに交差している
 <団栗橋>  天明の大火(団栗焼け)
 <渡月橋>  大堰川(桂川)
 <流れ橋>  木津川 上津屋橋
 <松尾橋>  桂川
 <大和橋>  白川

【京都の山】

 <瓜生山(うりゅうざん)
 <小倉山(おぐらやま)
 <神楽岡(かぐらおか)
 <衣笠山(きぬがさやま)
 <鞍馬山(くらまやま)
 <桟敷ヶ岳(さじきがたけ)
 <大文字山(だいもんじやま)
 <雙ヶ岡(ならびがおか)
 <若王子山(にゃくおうじやま)
 <如意ヶ岳(にょいがだけ)
 <比叡山(ひえいざん)
 <船岡山(ふなおかやま)
 <皆子山(みなごやま)
 <吉田山(よしだやま)

【京都の池】

 <大沢池(おおさわのいけ)>  日本最古の人工の林泉
 <小倉池(おぐらいけ)
 <宝ヶ池(たからがいけ)
 <平の沢池(ひらのさわいけ)> オニバスの自生地
 <深泥池(みぞろがいけ)>  天然記念物 深泥池生物群集

【京都の森】

 <石田杜(いわたのもり)
 <糺の森(ただすのもり)
 <半木の森(なからぎのもり)

【京都の海】

 <舞鶴湾(まいづるわん)・舞鶴港(まいづるこう)
 <琴引浜(ことひきはま)> 天然記念物および名勝

【京都の公園】

 <丹後天橋立大江山国定公園

 <あおくすの庭
 <牛若ひろば
 <梅小路公園
 <亀山公園
 <鴨川デルタ
 <京都御苑
 <勝竜寺城公園
 <南郷公園
 <西京極総合運動公園
 <京都府立保津峡自然公園
 <円山公園

【京都の地域】

 <化野(あだしの)
 <天橋立(あまのはしだて)
 <粟田口(あわたぐち)
 <嵐山(あらしやま)
 <出雲路鞍馬口(いずもじくらまぐち)
 <一口(いもあらい)
 <太秦(うずまさ)
 <内野(うちの)
 <閻魔前町(えんままえちょう)
 <大原(おおはら)
 <小野(おの)
 <御室(おむろ)
 <勧修寺(かじゅうじ)
 <帷子ノ辻(かたびらのつじ)
 <上七軒(かみしちけん)
 <貴船(きぶね)
 <鞍馬口(くらまぐち)
 <嵯峨野(さがの)
 <鹿ヶ谷(ししがたに)
 <七野(しちの)
 <島原(しまばら)
 <主計町(しゅけいちょう)
 <白河(しらかわ)
 <墨染(すみぞめ)
 <僧正ヶ谷(そうじょうがたに)
 <醍醐(だいご)
 <鷹峯(たかがみね)
 <当尾(とおの)
 <栂尾(とがのお)
 <常盤(ときわ)
 <西陣(にしじん)
 <納所(のうそ)
 <伏見(ふしみ)
 <先斗町(ぽんとちょう)
 <御陵(みささぎ)
 <壬生(みぶ)
 <美山町(みやまちょう)
 <八瀬(やせ)
 <山科(やましな)
 <洛北七野(らくほくしちの)
 <蓮台野(れんだいの)
 <六道の辻(ろくどうのつじ)東山区)>
 <六道の辻(ろくどうのつじ)嵯峨野)>
 <六波羅(ろくはら)

【京都の街道】

 <東海道(とうかいどう)
 <西国街道(さいごくかいどう)
 <山陽道(さんようどう)
 <鯖街道(さばかいどう)

 <国道9号線

 <京の七口
 <老ノ坂峠
 <逢坂関

【京都の通り】

 <不明門通(あけずどおり)
 <あじろぎの道
 <石塀小路(いしべこうじ)
 <維新の道(いしんのみち)
 <一念坂(いちねんざか)
 <今出川通(いまでがわどおり)
 <裏寺町通(うらてらまちどおり)
 <御池通(おいけどおり)
 <大手筋(おおてすじ)
 <大宮通(おおみやどおり)
 <御前通(おんまえどおり)
 <釜座通(かまんざどおり)
 <烏丸通(からすまどおり)
 <きぬかけの路
 <木屋町通(きやまちどおり)
 <雲母坂(きららざか)
 <膏薬図子(こうやくのずし)
 <五条坂(ごじょうざか)
 <五条通(ごじょうどおり)
 <醒ヶ井通(さめがいどおり)
 <さわらびの道
 <三条通(さんじょうざか)
 <産寧坂(さんねいざか)
 <四条通(しじょうどおり)
 <白川北通(しらかわきたどおり)
 <新京極(しんきょうごく)
 <神幸道(しんこうみち)
 <せせらぎの道
 <雪駄屋町通(せったやまちどおり)
 <千本通(せんぼんどおり)
 <大映通(だいえいどおり)
 <太子道(たいしみち)
 <竹林の小径(ちくりんのみち)
 <智慧の道(ちえのみち)
 <千代の古道(ちよのふるみち)
 <茶わん坂(ちゃわんざか)
 <哲学の道(てつがくのみち)
 <寺町通(てらまちどおり)
 <出水通(でみずどおり)
 <天使突抜通(てんしつきぬけどおり)
 <団栗辻子(どんぐりずし)
 <半木の道(なからぎのみち)
 <錦小路(にしきこうじ)
 <二条通(にじょうどおり)
 <二寧坂(にねんざか)
 <ねねの道
 <花見小路通(はなみこうじどおり)
 <東洞院通(ひがしのとういんどおり)
 <堀川通(ほりかわどおり)
 <先斗町通(ぽんとちょうとおり)
 <松原通(まつばらどおり)
 <壬生川通(みぶがわどおり)
 <楊梅通(ようばいどおり)
 <両替町通(りょうがえまちどおり)
 <了頓図子(りょうとんづし)
 <竜馬通り商店街(りょうまどおりしょうてんがい)
 <六勝寺のこみち(りくしょうじのこみち)

【京都の自治体】

 京都府  京都市  亀岡市  乙訓郡
 東山区



【京都検定 第1回3級】

1.延暦13年(794年)、桓武天皇は、新しい都を、どこから平安京に遷したか?

4.平安京の地相は「北に玄武、南に朱雀、東に青龍、西に百虎」といわれているが、現在の北の玄武はどこか?

81.「丸竹夷二押御池…」と続く通り名の歌の中の「竹」は何通か?

82.下河原通から高台寺下へ続いている京情緒漂う石畳の道は何小路か?

84.「双六の賽」、「山法師」と共に、意のままにならないものの代表格としてことわざにもなっている川はどこか?

91.京都の地形は北に高く、南に低くなっているが、北の深泥池あたりと、南の東寺あたりとは、どれほどの標高差があるか?

92.下鴨神社の社叢で、古くから禊を行うところで知られている森はどこか?

93.北山通と北大路通の間にあり、京都府立植物園の西側に沿った桜並木で有名な散歩道は?

99.かつて洛中の周囲に設けられた「京の七口」のうち、東海道の出入口はどこか?


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第13回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第7回1級】

【京都検定 第8回1級】

【京都検定 第9回1級】

【京都検定 第10回1級】

【京都検定 第11回1級】

【京都検定 第12回1級】

【京都検定 第13回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク